« 記念シンポジウム「弥生の青銅器の謎をさぐる」 | トップページ | 亀山型と共通する特徴を有する銅鐸 »

2007年9月27日 (木)

「青銅器埋納地調査報告書II(武器形青銅器編)」

Photo_6

「青銅器埋納地調査報告書II(武器形青銅器編)」2006/3月が届いた。

島根県埋蔵文化財センター刊行の青銅器埋納地調査の第1弾銅鐸編に続く第2弾。4年かけて実施された100ヶ所を越える埋納遺跡の現地調査結果が掲載されている。※まだ在庫はあるとのことで、価格は1000円(安っ!)銅鐸編は古書で6500円もしたのに--購入は島根県文化財愛護協会まで

晩秋~来春まで草木も枯れて踏査シーズンに入るので、これらの本片手に現地へ行ってみようと考えている。

いま興味を持っているのは、銅鐸(武器型青銅器も含む)の「近接埋納事例」 -同じ場所に50mと離れないで何個も銅鐸が埋められている場所が結構ある。現地に立ってみることで、何か気づかされるかもしれない…

|

« 記念シンポジウム「弥生の青銅器の謎をさぐる」 | トップページ | 亀山型と共通する特徴を有する銅鐸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1000613/10874481

この記事へのトラックバック一覧です: 「青銅器埋納地調査報告書II(武器形青銅器編)」:

« 記念シンポジウム「弥生の青銅器の謎をさぐる」 | トップページ | 亀山型と共通する特徴を有する銅鐸 »