« 「日本の原始美術7 銅鐸」 | トップページ | 柳沢遺跡-銅鐸も出土 »

2007年10月30日 (火)

「銅鐸の谷」

Photo_16

昨日、大野勝美著 1994 『銅鐸の谷』を読み終えた。大野さんの論文を読んだのは、静岡県埋文調査研究所の『研究紀要』第9号(2002年)に掲載された「三遠式銅鐸の分類と編年」が最初だったが、その後、「銅鐸型土製品」の論文や『銅鐸の谷』と題する著書まであることを知った。

この本が届いた時、副題に「ある銅鐸ファンのひとりごと」とあるのが気になった。著書の中でも「専門家ではない」と書いてあるし、先の論文あとがきにも「異質な研究者」とある。大野さんとはまだ面識はないが、在野出身で真剣に銅鐸の研究をされている方がいることを知り、 大いに勇気づけられた。

さて『銅鐸の谷』の内容だが、初っぱなから現在静岡県浜松市となっている旧細江町にある滝峯の谷-通称銅鐸の谷での銅鐸探しの話。特に幻のコツサガヤ鐸出土地を突き止めるまでの話やテクノランド細江造成中の銅鐸出土の話。大阪の銅鐸研究家-羽間義夫氏による才四郎谷銅鐸の発見など-滝峯の谷から8個も銅鐸が発見されていることは、銅鐸の勉強をはじめるまで恥ずかしながら知らなかったのだが、この谷での銅鐸発見史に思わず引き込まれてしまった。

銅鐸を探して見つけるなど-私にとって、つい半年前までは思いもよらなかったこと。銅鐸は地表下1mぐらいまでのあまり深くないところに埋められていることが多く、金属探知機での探査が可能なのである。著書の中でも書かれている通り才四郎谷鐸発見では先を越された大野さんだが、その後、静岡県埋文研究所による静岡県磐田市敷地での西の谷銅鐸発見(2000年)で金属探知機を使って、見事リベンジを果たされている。

「三遠式銅鐸」の論文では、交互鋸歯文のR,Lの並び方を全て数え上げるほどの緻密な銅鐸文様の研究を発表されている大野さんだが、この本では、「銅鐸出土地の権威」として銅鐸埋納地の共通項を「湧水地」と喝破する!特に8個も銅鐸が出土した銅鐸の谷における説明は地元の方ならではの説得力がある。同じく、在野の銅鐸研究家として、『銅鐸の系譜』(1993)という本を出されている竹内尚武さん(蒲郡市在住)も銅鐸出土地を巡る中で、銅鐸と水との関係を指摘されており、銅鐸のHPを運営されているPさんも「銅鐸水源祭祀」説を掲げている。

後半では、巨石祭祀との関係を批判的に検証、否定し、大量出土地=集配センター説を展開。また、破片銅鐸や小銅鐸、土製品、そして銅鐸絵画についても論じられている。小銅鐸についてもいくつか論文を読んだが、ほとんどが小銅鐸の分類や編年に終始し、小銅鐸の用途や銅鐸との関係については何も語っていないものが多い。大野さんは、井戸の脇で洪水で埋まった状態で発見された岡山県真庭市下市瀬小銅鐸に注目、6頁にわたって解説、小銅鐸の謎に迫っていく。

ともかく、えらい先生の銅鐸本や論文とはひと味もふた味も違い、銅鐸をほとんど見ないで書いている(と思われる)いい加減なシロウト研究家本とは一線も二線も画す“面白い本”-ぜひ一読をオススメしたい。

この本、実は自費出版で、500部刷ったが50部しか売れなかったとのこと(残りは各地の図書館に送ったらしい)。ネットの古本屋では購入できるかもしれないので、興味ある方は検索してみて欲しい。

|

« 「日本の原始美術7 銅鐸」 | トップページ | 柳沢遺跡-銅鐸も出土 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1000613/10874596

この記事へのトラックバック一覧です: 「銅鐸の谷」:

« 「日本の原始美術7 銅鐸」 | トップページ | 柳沢遺跡-銅鐸も出土 »