« 銅鐸の旅-徳島から出雲へ(その4/加茂岩倉37号銅鐸) | トップページ | 豊前地方出土青銅器展と寺福堂遺跡の銅戈の繰り返し埋納 »

2007年12月 4日 (火)

第59回銅鐸研究会「銅鐸の紋様-横帯紋・流水紋・袈裟襷紋-」

今日メールで「第59回銅鐸研究会」のお知らせが野洲市銅鐸博物館から来た。

日時 平成20年2月9日(土) 14:00~16:00
演題 「銅鐸の紋様-横帯紋・流水紋・袈裟襷紋-」
講師 進藤 武(野洲市歴史民俗博物館学芸員)
場所 野洲市歴史民俗博物館(銅鐸博物館)1階研修室

第59回目を迎える今回の銅鐸研究会は、銅鐸の紋様から銅鐸の謎に迫ります。
銅鐸は鋳型に青銅を鋳込んだ鋳造品であることから、細部においては個々に異なっているものの、施された紋様は限られたものとなっています。
銅鐸の研究には古くから、形態や厚みのほかに幾何学的な紋様、絵画などを拠り所とされ、横帯紋、流水紋、袈裟襷紋、突線紋などの紋様分類が用いられてきました。
いま、銅鐸研究は紋様構成や形態の詳細な検討によって、地域的な銅鐸群の抽出や系譜を明らかとする研究が進められています。
今回は、銅鐸の紋様を検証することにより型式差、地域差としていかに反映しうるかを考えてみたいと思います。

対 象:どなたでも
定 員:120名
参加費:受講料は無料ですが、入館料が必要です。
その他:当日受付
主 催:野洲市歴史民俗博物館・同友の会

問い合わせ先
野洲市歴史民俗博物館(銅鐸博物館)
滋賀県野洲市辻町57番地1
Tel:077-587-4410  Fax:077-587-4413
E-Mail:rekimin@city.yasu.lg.jp

|

« 銅鐸の旅-徳島から出雲へ(その4/加茂岩倉37号銅鐸) | トップページ | 豊前地方出土青銅器展と寺福堂遺跡の銅戈の繰り返し埋納 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1000613/10874726

この記事へのトラックバック一覧です: 第59回銅鐸研究会「銅鐸の紋様-横帯紋・流水紋・袈裟襷紋-」 :

« 銅鐸の旅-徳島から出雲へ(その4/加茂岩倉37号銅鐸) | トップページ | 豊前地方出土青銅器展と寺福堂遺跡の銅戈の繰り返し埋納 »