« 銅鐸は銅鏡に改鋳されたのか-鉛同位体比からみた青銅器材料(その3) | トップページ | 柳沢遺跡の銅戈・銅鐸いよいよ一般公開 »

2008年1月16日 (水)

「浜松市の銅鐸」展

S

企画展「浜松市の銅鐸」が1/13~始まっていた。

会期:2008年1月13日(日)~4月6日(日)
会場:姫街道と銅鐸の歴史民俗資料館(静岡県浜松市北区細江町)
Tel:053-523-1456
開場時間:午前9時~午後5時 月曜休み

奈良国立博物館所蔵で浜松市北区三ケ日町で出土した「釣荒神山2号銅鐸」(写真)も里帰りしている。
20数点も一堂に展示されてるとなると…一日じゃ見きれないなぁ

|

« 銅鐸は銅鏡に改鋳されたのか-鉛同位体比からみた青銅器材料(その3) | トップページ | 柳沢遺跡の銅戈・銅鐸いよいよ一般公開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1000613/10780754

この記事へのトラックバック一覧です: 「浜松市の銅鐸」展:

« 銅鐸は銅鏡に改鋳されたのか-鉛同位体比からみた青銅器材料(その3) | トップページ | 柳沢遺跡の銅戈・銅鐸いよいよ一般公開 »