« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月25日 (月)

「古代相模の川辺の暮らし-相模川中流域の遺跡展-」-河原口坊中遺跡の小銅鐸

Photo_4

昨日2/24 海老名市文化会館で開催中の地域巡回展「古代相模の川辺の暮らし-相模川中流域の遺跡展-」を見てきた。

現在解散問題で揺れる かながわ考古学財団主催のイベントだが、最終日前日の日曜とあって小さな会場は見学者でにぎわっていた。

お目当ては、昨年2月に発見された河原口坊中遺跡(神奈川県海老名市)出土の小銅鐸神奈川県-相模では小銅鐸が3個見つかっているが、なんと会場には特別展示「サガミの小銅鐸」として3個の小銅鐸が勢揃いしていた。

・海老名市本郷遺跡 H8.2+cm
・平塚市内沢遺跡 H10cm(写真左)
・海老名市河原口坊中遺跡 H7.9cm(写真右)

関東の小銅鐸は「小型銅鐸」と「小銅鐸(銅鐸形銅製品)」に分類される。海老名市出土の二例が小銅鐸。平塚市内沢例は、海老名市のものより大きく、小さいながら鰭も付いており、小型銅鐸と呼ばれているタイプ-千葉県市原市川焼台や栃木県小山市田間で出土している事例と本当によく似ている。

今回の坊中遺跡の小銅鐸は
・内部にグリーンタフを使った舌と思われる小石が付着して残っている点
・小銅鐸には通常ない内面突帯がある点
・他二例が時期が古墳前期に下るのに対し弥生後期に入る点
などが注目される。

Photo_3会場には復元された小銅鐸が棹にぶら下げられていたが、小さい割に結構甲高い大きい音が出るのには驚いた(写真)。むしろ博物館などによくある40cm台の復元銅鐸の方が音が低い。

また坊中遺跡からは銅釧も出土していた。相模川下流域には弥生後期に遠江や三河の土器が入ってくるという。弥生後期後半になって関東地方に現れる小銅鐸もこうした人々の移動と関わるもの-東海地方の人々が持ち込んだものなのだろうか?

なお「相模川中流域の遺跡展」は、2/27~3/3 厚木市勤労福祉センターでも開催される。

参考文献:
相京邦彦1995「東日本における『小銅鐸』の終焉」『古代文化』47-10
小山市立博物館2001『弥生時代の祭祀と信仰-小さな銅鐸の使われていたころ-(第42回企画展)』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月22日 (金)

企画展「銅鐸を復元する」

徳島県立博物館で下記のような企画展開催中

「銅鐸を復元する」
銅鐸は、今から2000年も前の弥生時代につくられた青銅1器の一つです。1000℃を超える高温を維持して材料を溶かし、現代でも決して容易ではない高い技術でつくられた謎の遺物、それが銅鐸です。
銅鐸復元製作の第一人者である小泉武寛氏(京都府在住)による銅鐸の復元製作関連資料を紹介します。

会 期:平成20年2月5日(火)~3月30日(日)
休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)
会 場:徳島県立博物館 2階 常設展示室 ラプラタ記念ホール内

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月14日 (木)

國學院大フォーラム「祭祀遺跡に見るモノと心」、歴博講演会「日本の銅鐸と北米の銅板」

青銅器・銅鐸関係の講演会が下記の通り開催される。
特に歴博の春成さんの講演会は、最近注目されている北米インディアンの“ポトラッチ”と銅鐸祭祀の比較…かなり面白そうだ!!

研究プロジェクト平成19年度フォーラム「祭祀遺跡に見るモノと心」 
【研究発表】
「弥生青銅器祭祀の起源と遼寧青銅器文化」
小林青樹(國學院栃木短期大学・准教授)
他多数報告あり
2008年3月1日(土)10:30~15:35
國學院大學渋谷キャンパス120周年記念1号館4階1402教室

歴博講演会 第291回「日本の銅鐸と北米の銅板」
講師:春成秀爾(考古研究系教授)
2008年3月8日(土)13:30~15:30
国立歴史民俗博物館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 2日 (土)

「考古資料大観」第6巻 弥生・古墳時代(青銅・ガラス製品) 

S先週某オクで落札した『考古資料大観』 第6巻 弥生・古墳時代(青銅・ガラス製品)が届いた。この『大観』シリーズ-全巻揃えると50万円を越すというとても個人では購入できないシロモノ。バラ売りもしていないので購入は半ば諦めていたが運良くそれも格安で手に入れることができた。

以前のブログ(07/10/27)で銅鐸のレゾネがないと書いたが、現在この本がレゾネ-「出土銅鐸全カタログ」に最も近いもの。380個の銅鐸の写真が掲載されている(出土銅鐸の約60%)。写真掲載点数としては神戸市博の図録『銅鐸の世界展-地の神へのいのり-』を断然上回っている。ただし、全て白黒なのと片面しか写っていない。惜しむらくはA3-1ページに4点の銅鐸ではなく、せめて2点にして欲しかった。なお写真だけでなく最新の研究成果の概説や巻末にはこれまで測定された青銅製品の鉛同位体比の全データ(1466点/内銅鐸は230点)まで載っている。

Photo_4全編オールカラー、A面B面と両側面、斜め上から見た鈕と舞及び裾部から内面突帯を見た写真-贅沢を言ってもしょうがないが、これぐらいの写真がないと、どんな銅鐸か本当のところはわからない。「銅鐸本」としては、銅鐸研究者のバイブルみたいな本として『日本原始美術 4 青銅器』(1964/講談社)があるが、写真の大きさなら『大観』よりこちらの方がいい(1個につきA3-1ページ使用)。しかしどんなに大きな写真を並べても銅鐸相互の大きさの差は表現できない。

『考古資料大観』のいいところは型式別に銅鐸が通覧できるところ。銅鐸はどの博物館に行っても、同じ型式の銅鐸を並べて見るわけにいかないし、考古資料で便利な実測図も銅鐸は作られていないことが多い(最近出土の銅鐸はともかく古い出土銅鐸では実測図がほとんど作成されていない)。「銅鐸群」に関する研究をトレースするにはこの本はもってこいなのだ。編者の井上洋一さんが「(銅鐸研究)が土器研究のように多種多様な研究者によって行われたならば、どれほど飛躍が期待できることだろうか。こうした思いのもとに、本書は図版入り銅鐸索引を作ることを目的とした」と書いているのもこういった利便性を意識したものだろう。

しかしこの本を眺めているとまたぞろ銅鐸を見に行きたくなってしまう…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »