« 國學院大フォーラム「祭祀遺跡に見るモノと心」、歴博講演会「日本の銅鐸と北米の銅板」 | トップページ | 「古代相模の川辺の暮らし-相模川中流域の遺跡展-」-河原口坊中遺跡の小銅鐸 »

2008年2月22日 (金)

企画展「銅鐸を復元する」

徳島県立博物館で下記のような企画展開催中

「銅鐸を復元する」
銅鐸は、今から2000年も前の弥生時代につくられた青銅1器の一つです。1000℃を超える高温を維持して材料を溶かし、現代でも決して容易ではない高い技術でつくられた謎の遺物、それが銅鐸です。
銅鐸復元製作の第一人者である小泉武寛氏(京都府在住)による銅鐸の復元製作関連資料を紹介します。

会 期:平成20年2月5日(火)~3月30日(日)
休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)
会 場:徳島県立博物館 2階 常設展示室 ラプラタ記念ホール内

|

« 國學院大フォーラム「祭祀遺跡に見るモノと心」、歴博講演会「日本の銅鐸と北米の銅板」 | トップページ | 「古代相模の川辺の暮らし-相模川中流域の遺跡展-」-河原口坊中遺跡の小銅鐸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1000613/10874877

この記事へのトラックバック一覧です: 企画展「銅鐸を復元する」 :

« 國學院大フォーラム「祭祀遺跡に見るモノと心」、歴博講演会「日本の銅鐸と北米の銅板」 | トップページ | 「古代相模の川辺の暮らし-相模川中流域の遺跡展-」-河原口坊中遺跡の小銅鐸 »