« 平成19年度フォーラム「祭祀遺跡に見るモノと心」 | トップページ | MOA美術館の銅鐸 »

2008年3月27日 (木)

青銅器は貴族の考古学?

Photo先日3/8、歴博で春成さんの講演会を聴いた時の話だが、青銅器は“貴族の考古学”なんだそうだ。昔は青銅器を収集・コレクションできるのは大金持ち。それを観察・研究できるのは帝国大学の先生か国立博物館の学芸員。今でもたぶん貴族の考古学なんだろう。自分でもやっかいなもの好きになったなぁと思っている。

こうした青銅器研究の壁を少しでもなんとかしようと、春成さんは歴博でせっせと銅鐸のレプリカを作成していたらしい。その数およそ80個(それも学史的に重要なもの厳選して)歴博ではこのレプリカコレクションの写真・実測図完備の全カタログを現在作成中で、来年度いよいよ発刊されるという。

最近読んだ寺澤薫さんの論文「銅鐸の二面性-その内なる二元的世界-」『橿原考古学研究所紀要 考古学論攷』第30冊(2007年)-15年かけて412個の銅鐸を観察した結果によると、あとがきに書いてあった。私の銅鐸観察はもっぱらガラス越し。寺澤さんの場合、ほとんど全て熟覧なので私など足下にも及ばないが、銅鐸研究の難しさはこういうところにあるなぁと痛感している。

春成さんの講演会は「日本の銅鐸と北米の銅板」という題名だったので、銅鐸と銅板(図参照)の比較論など聴けるのではないかと楽しみにしていたが、話の内容は春成さん版「私の履歴書」だった。少年時代を過ごした明石海岸での化石発掘、銅鐸との出会い、岡山大学助教授時代、北米の銅板の実測調査旅行のことなど。明石原人の調査をされたのもちゃんと理由があったんだと長年の疑問が解けた。ご自分の銅鐸研究史についてもひとつひとつ紹介されていた。最初は銅鐸が観察できないので、埋納地研究をやったこと、80~90年前半までは銅鐸祭祀に関しても、銅鐸観察でも最前線で学会を主導していたが、生来の浮気性のため、銅鐸の神様にはなれなかったと告白されていた(春成さんによると、先代の銅鐸の神様は佐原先生で現在は京博の難波さん)。

銅鐸の話で興味深かったのは、銅鐸の値段-バブルの頃は1億円もしたらしいが、さすがに最近は5000万円くらいに落ち着いてきているらしい。銅鐸は貴重な考古資料であるが、高価な古美術品の顔も持っている。銅鐸を扱う古美術商が裏の世界で暗躍する話は「ギャラリーフェイク」さながらだった。春成さんの話では、高さ1.5mもある銅鐸が実在するそうで、かつて古美術商を通じてコンタクトを試みたが見ることは叶わなかったと後悔されていた。1.5mというと日本最大の大岩山銅鐸の134cmを大きく上回る超大型銅鐸。今もどこかの資産家の屋敷か蔵にでも眠っているのだろう。

春成さんはこの講演会を最後にこの3月末で定年退官されると聞いてちょっとびっくりした(もっとお若いと思っていたら今年で65歳)。縄文ランドスケープ論についてブログ(08/03/23)で紹介した國學院の小林達雄さんも今年で退官。先日もこの春で定年になるある先生の退職パーティに参加したが、考古学の世界にも「2007年問題」はあるようだ。

図版出典
春成秀爾「銅鐸と社会」2002『古代を考える 稲・金属・戦争-弥生-』(佐原眞編/吉川弘文館)

|

« 平成19年度フォーラム「祭祀遺跡に見るモノと心」 | トップページ | MOA美術館の銅鐸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1000613/11837005

この記事へのトラックバック一覧です: 青銅器は貴族の考古学?:

« 平成19年度フォーラム「祭祀遺跡に見るモノと心」 | トップページ | MOA美術館の銅鐸 »