« 明治大学3号銅鐸(不明22, 突線鈕1式, 4区袈裟襷文, 41cm) | トップページ | 恩智銅鐸出土地-大阪府八尾市 »

2008年6月18日 (水)

鈴鹿市磯山銅鐸(三重9, 外縁付鈕2式, 4区袈裟襷文, 39.4cm)

Photo_2東京国立博物館では半年毎に常設展示を入れ替えているが、6/10~磯山銅鐸が展示されている。

外縁付鈕式の2式(II-2式)に分類され、三対耳四区袈裟襷文と呼ばれるデザイン。袈裟襷の内区には四頭渦文が配され、その周囲に動物が描き込まれている。猪列が身裾にも描かれているらしいが、判別が難しい。

四区袈裟襷の縦帯が横帯に優先していて、通常の銅鐸のデザインルールを守っていない。四頭渦文は1本の線で描かれたものと二重線で構成されているタイプの両方あり。

鈕は兜型で菱環部が幅広く緩やかな傾斜を持っていて、菱環部に渦巻文を描く。鈕の外縁、鰭共に鋳上がり悪く、文様が不鮮明で鰭に鋸歯文があるかどうか不明。耳は2個セットで形はクリップ状、A面(写真)右では内部に綾杉文がある。鈕の左右にも2箇所耳がある。

鋳型がB面が左上方に若干ズレており、その影響かA面右の鰭の身と接する部位に膨らみがある。鈕の舞と接する部分は凹みがあり、舞も型持穴の周囲を除いて凹みが激しい。これは石製鋳型の特徴。身裾にシワ状の傷があるが、これも内面突帯の影響か?。

型持孔は円形、裾の型持孔は小さい台形。全体的に色は黒光りしている。
(08/06/14観察)

|

« 明治大学3号銅鐸(不明22, 突線鈕1式, 4区袈裟襷文, 41cm) | トップページ | 恩智銅鐸出土地-大阪府八尾市 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1000613/21702176

この記事へのトラックバック一覧です: 鈴鹿市磯山銅鐸(三重9, 外縁付鈕2式, 4区袈裟襷文, 39.4cm):

« 明治大学3号銅鐸(不明22, 突線鈕1式, 4区袈裟襷文, 41cm) | トップページ | 恩智銅鐸出土地-大阪府八尾市 »