« 海外美術館の銅鐸(米国編) | トップページ | 銅鐸作りイベント「輝く銅鐸を作ろう」 »

2008年6月27日 (金)

メトロポリタン美術館の銅鐸解説

Photo_8メトロポリタン美術館HPの説明文を訳してみると…

ベル(銅鐸), 弥生時代後期(ca. 紀元前4C-紀元3C), 1-2C
日本
青銅; 高さ43 1/2 in.(109.2cm)
ロジャース基金, 1918 (18.68)

(この銅鐸は)弥生時代後期に作られたもの。“銅鐸”と呼ばれる日本特有の青銅ベルは馬や家畜に付けたより小さい韓国の小銅鐸を起源とすると考えられている。この銅鐸は知られている中で最もすばらしいもののものの1つで、1814年に兵庫県三日月町下本郷(原文はShimogoは誤記)で見つけられたと現在信じられている。水平なバンドの列が中央で縦の列によって分割されている状態(袈裟襷文)で、円錐の上部を切ったように形成されたボディー(鐸身)が飾り付けされている。精巧な出縁(鰭)は、のこぎり歯デザイン(鋸歯文)でいっぱいにされ、飛び出した渦巻き(双頭渦文飾耳)でさらに誇張され、(鐸身の)両側に沿って伸び、先端(鈕)はアーチ状に渡されている。

銅鐸の最初の発見記録は西暦662年に滋賀県の寺で見つかった。高さ4-51インチ(10-130cm)の範囲で、400以上の銅鐸が今日知られている。 大部分は京都-奈良の地域から出土している。 初期のベル(銅鐸)は砂岩の鋳型で作られ、小さくて、厚い。舌か棒で打たれると、あるものはガラガラと音を出す。 他のものは舌を中に吊り下げている。 後の、より大きくて、より薄いベルは、より精緻な細部を再現するため粘土製の鋳型で作られた。大きい方が機能的であったという証拠は全くない。それらは純粋に儀式的な物であったと考えられる。

銅鐸は単独で(あるいは)2個ペアで、そして(まれに)大きなグループ(大量埋納)で、時折-青銅の鏡や武器といっしょに-埋められている。(銅鐸は)孤立した場所や、しばしば丘の上に埋められている。それらは墓や集落の近くで発見されたことがない。それらの置かれた状態(埋納状態)は、それらが個人によって所有されたというよりむしろ共同体の財産であったことを示唆している。これらのベル(銅鐸)の埋葬(埋納)の論理的な根拠については、それらが共同体の農業肥沃(豊作)を保証するための儀礼の一環だったと推定されることが多いが、不明瞭なままだ。

「銅鐸の大部分が京都・奈良で出土している」というのは「近畿を中心に分布している」ことの誤解だと思われるが、短い文章の中で、銅鐸の発見、大きさと数、銅鐸の変遷、鋳型の違い、埋納状態や埋納場所とその目的など、おおむね日本での学説がちゃんと理解されているようだ。

|

« 海外美術館の銅鐸(米国編) | トップページ | 銅鐸作りイベント「輝く銅鐸を作ろう」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1000613/21909710

この記事へのトラックバック一覧です: メトロポリタン美術館の銅鐸解説:

« 海外美術館の銅鐸(米国編) | トップページ | 銅鐸作りイベント「輝く銅鐸を作ろう」 »