« 桜ヶ丘銅鐸出土地-兵庫県神戸市 | トップページ | 「高地性集落からみた弥生社会と銅鐸(森岡秀人氏講演会)」 »

2008年7月17日 (木)

椛1号銅鐸-田原市博物館夏季企画展示

Nagusa1dotaku昨日某SNWを検索していたら、1m大の破砕銅鐸の写真があった。どうも学芸員のバイトさんが書き込んでおられるようで、展示替えではじめて銅鐸に触ったとか書いてある。場所も博物館名も伏せられているが、どうも愛知県田原市の椛(ナグサ)1号銅鐸らしい。

ネットで検索してみたが、田原市博物館のHPでは下記の企画展開催の情報しかなく
展示品の詳細がわからない。

平成20年7月11日(金)~9月28日(日)
◆渥美半島の歴史 考古 - 発見の歴史
(田原市博物館:企画展示室2)
吉胡・保美・伊川津貝塚、東大寺瓦をはじめ学会に影響を与えた遺物を展示します。

電話で問い合わせしてところ、やはり椛1号銅鐸が展示されていることがわかった。この銅鐸は、雨乞山の山麓の谷-旧渥美町で圃場整備工事中に出土したもので、普段は展示されていない。昨夏、椛2号と堀山田銅鐸を見に行った時、1号は見られなかったので、今回はチャンスである。田原市博物館は渡辺華山など近世を中心とした博物館で考古資料については常設展示すらない。

ちなみに2号銅鐸は田原市渥美郷土資料館で常設展示されている。できれば出土地にも近いこちらの資料館で二つ並べて展示して欲しい…

渥美半島は銅鐸の集中地域でそれも近畿式銅鐸ばかり、また銅鐸がたくさん出ているにもかかわらず前期古墳がひとつもない…渥美半島で古墳が造られるのは後期古墳の時代からなのだ。

|

« 桜ヶ丘銅鐸出土地-兵庫県神戸市 | トップページ | 「高地性集落からみた弥生社会と銅鐸(森岡秀人氏講演会)」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1000613/22346631

この記事へのトラックバック一覧です: 椛1号銅鐸-田原市博物館夏季企画展示:

« 桜ヶ丘銅鐸出土地-兵庫県神戸市 | トップページ | 「高地性集落からみた弥生社会と銅鐸(森岡秀人氏講演会)」 »