« 特別展「荒神谷の銅矛」 | トップページ | 加古川市・望塚銅鐸(兵庫8, 扁平鈕式, 6区袈裟襷文, 42.5cm) »

2008年7月 3日 (木)

辰馬考古資料館夏季展「なぞ解き考古学2008」

2008辰馬考古資料館は、春、夏、秋の年3回季節展を開催しているが
今年の夏は下記のような子供向けイベントが開催されている。
※春は毎年、富岡鉄齋の企画展が開催される。

なぞ解き考古学2008
6/14~8/31
館蔵品を用いたクイズ形式の展示

開館時間:午前10時~午後4時30分(入館は午後4時まで)
休館日:月曜日(但し、7/21は開館し7/22を休館日とします)
辰馬考古資料館
西宮市松下町2-28
TEL 0798-34-0130

銅鐸は4点出展されている。
袈裟襷文銅鐸(辰馬418/矢負の鹿)
袈裟襷文銅鐸(辰馬432/三重県磯山同笵品)
袈裟襷文銅鐸(辰馬423/伝 滋賀県)
袈裟襷文銅鐸(辰馬443/名東型)

辰馬考古資料館は、東京の某国立博物館と違って
毎回別の銅鐸を展示してくれるので嬉しい。

秋季展は30周年記念展「銅鐸から銅鏡へ」が開催される予定
今年は野洲の銅鐸博物館も20周年で特別展が企画されていると聞く。
秋は青銅器関係の特別展が目白押しになりそうな気配だ。

|

« 特別展「荒神谷の銅矛」 | トップページ | 加古川市・望塚銅鐸(兵庫8, 扁平鈕式, 6区袈裟襷文, 42.5cm) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1000613/22038526

この記事へのトラックバック一覧です: 辰馬考古資料館夏季展「なぞ解き考古学2008」:

« 特別展「荒神谷の銅矛」 | トップページ | 加古川市・望塚銅鐸(兵庫8, 扁平鈕式, 6区袈裟襷文, 42.5cm) »