« 辰馬考古資料館「平成20年度秋季展 銅鐸から銅鏡へ」 | トップページ | 松江市の西川津遺跡で銅鐸片出土 »

2008年10月11日 (土)

山梨県立考古博物館 特別展「埋められた財宝~大形装飾土器、銅鐸、そして埋蔵金~」

Photo続いて特別展情報をもうひとつ

10/1から、なんと山梨県立考古博物館で「銅鐸」の特別展が開催されていることを最近知った。「埋められた財宝」という特別展があるというのは聞いていたが、まさか銅鐸も展示されるとは…それも国宝・重文クラスの優品が展示される。見たことのあるものも多いが展示室の様子からはじっくり落ちついて観察できそうだ。

また11/9には井上洋一さんの講演会も開催される。

第26回特別展「埋められた財宝」~大形装飾土器、銅鐸、そして埋蔵金~

10月1日(水)より、山梨県立考古博物館第26回特別展「埋められた財宝」~大形装飾土器、銅鐸、そして埋蔵金~が始まりました。そこで、ご来館を前に、各コーナーのみどころを簡単に紹介したいと思います。もちろん詳細は、考古博物館にてご自身の目でお確かめください。なお、今回のテーマである「埋納」とは、生活廃棄物ではなく、あえて埋めたであろう品々に着目しています。

御存知の方も多いと思いますが、山梨県内からは銅鐸の出土例はありません。今回は、県内にはない銅鐸を全国各地から集めました。国宝加茂岩倉遺跡出土銅鐸5点をはじめ、重要文化財に指定されているものなど、貴重なものばかりです。またその埋納法を復元しています。

今回の特別展の目玉の一つともいえるのは銅鐸のコーナーです。国宝加茂岩倉遺跡からは5つの銅鐸を展示しました。時代順に各地で出土した銅鐸を展示しています。右に行くに従って大きくなっていきます。聞く銅鐸から見る銅鐸に変わっていく様子が窺えます。

展示銅鐸
・島根県 加茂岩倉遺跡銅鐸(国宝) 5点
・兵庫県 豊岡市気比出土銅鐸(重要文化財) 
・徳島県 徳島市矢野遺跡銅鐸(重要文化財)
・大阪府 茨木市東奈良遺跡 銅鐸鋳型(重要文化財)
・静岡県 浜松市細江町悪ヶ谷出土銅鐸
・和歌山県 みなべ町大久保出土銅鐸
・長野県 塩尻市柴宮遺跡銅鐸(長野県宝)
・静岡県 浜松市前原Ⅷ遺跡銅鐸(静岡県指定文化財)
・静岡県 浜松市滝峯才四郎谷遺跡銅鐸(静岡県指定文化財)
・徳島県 徳島市名東遺跡銅鐸(徳島県指定文化財)

講演会
11月9日(日)「銅鐸の世界」(仮題) 東京国立博物館 井上 洋一氏
※いずれも13時30分から15時まで、風土記の丘研修センターにて行います。参加費無料。特別講演会は、事前の申し込みが必要です。講演日の1ヶ月前から受け付けます。申し込みは考古博物館まで。

問い合わせ
山梨県立考古博物館 
〒400-1508 山梨県甲府市下曽根町923
Tel:055-266-3881

|

« 辰馬考古資料館「平成20年度秋季展 銅鐸から銅鏡へ」 | トップページ | 松江市の西川津遺跡で銅鐸片出土 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1000613/24423331

この記事へのトラックバック一覧です: 山梨県立考古博物館 特別展「埋められた財宝~大形装飾土器、銅鐸、そして埋蔵金~」:

« 辰馬考古資料館「平成20年度秋季展 銅鐸から銅鏡へ」 | トップページ | 松江市の西川津遺跡で銅鐸片出土 »