« 橿原考古学研究所附属博物館「銅鐸展-弥生時代の青銅器鋳造-」 | トップページ | 銅鐸コイン-地方自治法施行60周年記念500円貨幣 »

2009年5月 9日 (土)

八尾の銅鐸-『河内どんこう』No.87(2009/2)

No87最近、『河内どんこう』という大阪の地域歴史雑誌に「八尾の銅鐸」という小文を書かせていただいた(『河内どんこう』No.87 2009/2)。

大阪府の八尾市内からは銅鐸が3個、銅鐸片が2個出土している。
・恩智垣内山銅鐸
・恩智都塚山銅鐸
・跡部銅鐸
・亀井遺跡出土銅鐸片(扁平鈕式)
・亀井遺跡出土銅鐸片(突線鈕式)
大阪府出土の銅鐸の総数が約30個なので、八尾は銅鐸が比較的多く出土している地域といえる。

小文では、八尾市内出土の銅鐸について、出土の経緯や各銅鐸の特徴や型式、産地推定など、これまでの研究成果を解説しながら、大阪と八尾の銅鐸の問題点も論じている。
主な項目は
・銅鐸の部分呼称・型式分類
・八尾市域出土の各銅鐸の説明
・摂津産と河内産
・銅鐸の流通
・銅鐸の埋納
・近畿式銅鐸の製作地
・埋納と破壊

『河内どんこう』は八尾市内の書店店頭(やお文化協会HP掲載)か、NPO法人やお文化協会に申し込めば購入できる。 購入方法などについては、やお文化協会さんにお問い合わせください。

|

« 橿原考古学研究所附属博物館「銅鐸展-弥生時代の青銅器鋳造-」 | トップページ | 銅鐸コイン-地方自治法施行60周年記念500円貨幣 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1000613/29535754

この記事へのトラックバック一覧です: 八尾の銅鐸-『河内どんこう』No.87(2009/2) :

« 橿原考古学研究所附属博物館「銅鐸展-弥生時代の青銅器鋳造-」 | トップページ | 銅鐸コイン-地方自治法施行60周年記念500円貨幣 »