« 日本考古学協会ポスターセッション「弥生時代における熔銅技術とその問題点」 | トップページ | 長野県埋蔵文化財センター速報展「長野県の遺跡発掘2009」 »

2009年6月27日 (土)

荒神谷博物館 特別展「もう一つの青銅器世界-変わる銅鐸への想い-」

09_2先日、荒神谷博物館から恒例の夏季特別展の案内が届いた。今年は荒神谷銅剣発見25周年とかで、イベントが目白押しのようだ。

特別展の方は「銅鐸展」で、チラシを見ると、久田谷の破砕銅鐸、岡山県下市瀬遺跡の小銅鐸、徳島県矢野銅鐸の復元木製容器など-珍しい展示品が並んでいる。久田谷のバラバラ銅鐸を見に今夏、但馬国府・国分寺館を訪れようと計画していたが、夏の間は出雲に来ているらしい。下市瀬の小銅鐸は普段、展示されていないものなので、今回は貴重なチャンス。

講演会では、7/18の武末さんの「埋納銅矛再論」が注目、1982年に書かれた「埋納銅矛論」『古文化談叢』第9集から30年近く経ち、新見解が展開されるのか否か? 荒神谷博の講演会は、昨年の下條先生の講演も非常に面白かった-論文を読むのも大事だが、やはり生(ライブ)で聴講するのもいい-論文を書いた学者のキャラクターに触れることができる。

荒神谷遺跡には昨夏も訪れたが、今年もまた大賀ハスが池一杯に咲いていることだろう。

国宝青銅器出土25周年記念 平成21年度特別展
「もう一つの青銅器世界-変わる銅鐸への想い-」
平成21年7月11日(土)~8月31日(日)

今年と来年は、1984年に荒神谷遺跡で銅剣358本が、1985年に銅剣、銅矛が発見されてからそれぞれ25周年にあたります。総数380点の青銅器は国宝に指定されましたが、なぜこの地に埋められたのか、あるいはどこで製作されたのかといった多くの謎は、依然未解明のまま今日を迎えています。
荒神谷遺跡出土の青銅器の中で、銅鐸は型式的に国内で最も古い段階のものやその次の段階のものがありますが、今回の展示では、そうした荒神谷銅鐸とは特徴のうえで大きな隔たりがある銅鐸を取りあげてみました。
銅鐸の埋納場所の違いをはじめ、使用時期や地域性の違い、大きさの大小、材質の違い等々、荒神谷の銅鐸だけからはうかがい知れない、弥生時代人の銅鐸へのさまざまな想いを紹介したいと想います。

記念イベント
7月12日(土)
テーマ「ひかわ銅剣の日」
午前9時30分~記念式展
午前10時~講演1
松本岩雄氏(島根県立古代出雲歴史博物館学芸部長)「荒神谷発見の思い出」
午前11時~, 午後2時45分~, 午後3時45分~
NHK記録映画上映会
午後1時~講演2
松本岩雄氏「青銅の神殿出会い-荒神谷青銅器は何を語るか-」

特別講演会
7月18日(土)午後1時30分~
武末純一氏(福岡大学教授)「埋納銅矛再論」

第5回
8月22日(土)午後1時30分~
足立克己氏(島根県教育庁埋蔵文化財調査センター)「荒神谷発掘調査から25年」

参加費無料 資料代300円

荒神谷博物館   
〒699-0503
島根県簸川郡斐川町大字神庭873番地8
TEL 0853-72-9044
FAX 0853-72-7695

この他、7/11と12には、朝9時~オープニングセレモニー「弥生の舞」や「祝い餅配布!」がある。祝い餅というのも島根らしいが、弥生の舞は、斐川町荘原小に代々伝わる神秘的な舞とのこと…代々っていつ頃からなんだろう?!

また7/12に、古代出雲歴博では「荒神谷銅剣鋳造実験」が開催される。見所は午後3時前後の予定らしい。

|

« 日本考古学協会ポスターセッション「弥生時代における熔銅技術とその問題点」 | トップページ | 長野県埋蔵文化財センター速報展「長野県の遺跡発掘2009」 »

コメント

>弥生の舞は、斐川町荘原小に代々伝わる神秘的な舞とのこと…代々っていつ頃からなんだろう?!

小学校の行事っていうことは、荒神谷フィーバー後から、リンク先の国宝指定を記念して行われるようになったのじゃないかと想像できますけども、荘原のあたりにも旧暦10月の『神在祭』が伝えられている神社がありますので、そういったところで昔から披露されていた舞の姿が元になっているのかもしれませんねぇ。

近頃「舞」は石見神楽の舞を中心に島根で流行っているのではないでしょうか(^^ゞ

情報ありがとうございます。こちらを拝見するまで25周年という事に気がついていませんでした(^^ゞ、今年は島根に行きたいと思っていますが行けるかな(^^ゞ

投稿: DragonSuplex | 2009年6月28日 (日) 17時30分

> DragonSuplex様

コメントありがとうございます。
もう25年-四半世紀経つんですね~

雲南市の方では
秋に「銅鐸の響き・加茂弥生まつり」があるそうですね。
http://www.city.unnan.shimane.jp/cgi-bin/odb-get.exe?WIT_template=AC020000&WIT_oid=icityv2::Contents::1692

遺跡はよく歩いているんですが
こういった地元イベントには参加したことなくて
一度見てみたいと思っています。

7月は島根に行った帰りに鳥取の銅鐸を見に行こうと
考えています。

投稿: 向井一雄 | 2009年6月29日 (月) 19時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1000613/30301030

この記事へのトラックバック一覧です: 荒神谷博物館 特別展「もう一つの青銅器世界-変わる銅鐸への想い-」:

« 日本考古学協会ポスターセッション「弥生時代における熔銅技術とその問題点」 | トップページ | 長野県埋蔵文化財センター速報展「長野県の遺跡発掘2009」 »