« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月18日 (火)

福岡市・那珂遺跡で巴形銅器の鋳型出土!

Bお盆で帰省していたら、TVのニュースで福岡市の那珂遺跡で巴形銅器の鋳型が見つかったと報道していた。巴形銅器の鋳型は、昨年九大春日キャンパスの発掘でも見つかっていたので、また見つかったのかと思ったが-次の瞬間-TVの画面に釘付けになってしまった!!

今回の巴形銅器には脚部分に綾杉文が施されている!それに直径15cmとえらく大きい!(写真1)

次に脳裏に浮かんだのは青柳種信の「井原鑓溝出土の巴形銅器」の図(写真2)-拓本とスケッチが残っているが、中心の丸い部分が大きく、脚がやたらと多い(通常は4~7本)…似ていると感じた。

Photo福岡市埋文センターで速報展(今月30日まで)をやっているという話なので、ともかく見に行かなければと16日に見てきた。巴形銅器の鋳型としては吉野ヶ里、九大春日キャンパスに次いで3例目。巴形銅器はこれまで全国で大小36点見つかっているが、その中では最大級。やはり井原鑓溝遺跡(弥生後期)出土のものとの類似が注目されていた。

Photo_2また鋳型の裏面は銅戈の鋳型として使われている(巴形銅器の方は黒く変色した痕もなく実際は鋳造されていないのかもしれない)。鋳型は巴形銅器の裏面に当たり、脚の綾杉文の稜線がかなり盛り上がっている。巴形銅器の脚の裏面には稜線がある場合がある。巴形銅器はスイジ貝を模したとみられており、裏面の稜線はスイジ貝の脚の割れ目(写真3下)、綾杉文はスイジ貝表面の文様に通じるものがある(写真3上)。なおスイジ貝は沖縄で魔除けとして今でも使われている。

奴国と伊都国の関係は、これまで後漢から金印をもらった奴国(AD57年)から、2世紀初頃に伊都国への政権移動が云々されてきたが、両国は意外と親密な関係だったのかもしれない-例えば奴国が「生産・交易」、伊都国が「外交・接待(饗讌)」を分担するように-と、「ツクシ政権」内での諸国の関係の見直しを迫る発見と思われる。


奴国の拠点・那珂遺跡群 巴形銅器の鋳型出土 伊都国王墓副葬品に類似
西日本新聞(09/08/14)

福岡市教委は、古代中国の史書「魏志倭人伝」に記された奴国(なこく)の拠点と言われる那珂遺跡群の一部(博多区竹下5丁目)から、弥生時代後期(紀元前後-200年ごろ)のものと推定される石製の巴形(ともえがた)銅器鋳型が出土した、と発表した。吉野ケ里遺跡(佐賀県)、九州大春日キャンパス内遺跡に次いで、全国3例目。
出土した鋳型が、伊都国王墓の一つと考えられる井原鑓溝(いわらやりみぞ)遺跡(前原市)から出土した銅器と極めて似ていることから、市教委は「奴国で製造された銅器が、伊都国王墓に副葬された可能性が高く、貴重な発見」としている。
市教委によると、出土したのは、青銅を流し込み、冷やして固める巴形銅器鋳型の一部で、大小二つの石片。7月に見つかり、大きい石片の最大幅が10.8センチで、鋳型全体は復元すれば、縦18.5センチ、横17センチ以上、厚さ6.5センチだったと推定される。
青銅を流し込む溝に、綾杉文と呼ばれる羽状の文様が掘られていることや、製造されたヒトデ形の銅器が、直径15センチ前後の大型だったとみられる点が特徴。巴形銅器は、弥生後期-古墳前期、装飾具や権威の象徴として用いられたとされる。
綾杉文や大きさが、井原鑓溝遺跡から江戸時代に出土した資料が残る巴形銅器の記録と非常に似ており、市教委は「奴国と伊都国の関係を考えるうえで、興味深い」としている。鋳型は14-30日、市埋蔵文化財センター(博多区井相田2丁目)で速報展示する。

那珂遺跡出土の巴形銅器鋳型速報展示

会場 福岡市埋蔵文化財センター
    福岡市博多区井相田2丁目 1-94  電話092-571-2921

展示期間 平成21年8月14日(金曜日)~8月30日(日曜日)
開館時間 9時~17時(入館は16時30分まで)
休館日  毎週月曜日  入場無料

発表資料「全国3例目の巴形銅器の鋳型を発見」(PDF)

読売新聞(08/8/13)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月12日 (水)

第63回銅鐸研究会「但馬の銅鐸-気比銅鐸・女代銅鐸・久田谷銅鐸をめぐって-」

Photo第63回銅鐸研究会

日時:2009年9月12日(土)14:00
演題:但馬の銅鐸-気比銅鐸・女代銅鐸・久田谷銅鐸をめぐって-
講師:加賀見省一氏(但馬国府・国分寺館館長)

問い合わせ先
野洲市歴史民俗博物館(銅鐸博物館)
滋賀県野洲市辻町57-1
電話077-587-4410 FAX077-587-4413

写真は女代の破砕銅鐸(鰭と飾耳の一部)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 8日 (土)

名古屋市博物館に「中根銅鐸」が里帰り展示!

Photo現在、辰馬考古資料館に所蔵されている名古屋市瑞穂区軍水町出土の三遠式銅鐸の逸品-重要文化財の「中根銅鐸(写真1)」が夏休み期間中(8/1~9/13)里帰り展示されている。

中根鐸は三遠式の末期のもので、中央の縦帯が雷文、左右の縦帯はなく、袈裟襷の内区は細かな連続渦巻文で埋め尽くされるという特異なデザインで、数ある銅鐸の中でも異色かつ美麗なもの。

銅鐸に興味を持った地元の小栗鉄次郎氏は、過去の銅鐸の出土例についても調べ基礎的な資料を収集された。中根鐸は、1870年(明治3)に道路改修工事中に発見されたもので、この銅鐸の再発見(昭和15)は、小栗氏と梅原末治氏の研究成果である。

中根鐸の出土地周辺は、現在「銅鐸の道(地図)」として整備され、銅鐸発見地には宝蔵寺と西八幡社がある。中根鐸出土地付近の弥生集落としては西へ2kmの場所に弥生中期後半~後期に栄えた瑞穂遺跡がある。それからこれは意外と知られていないが、近くの中根小学校の玄関ホールにはレプリカ(模鋳品)が展示されている(平日なら見学可)。

Photo_2名古屋市博には、他にも常設展示で「名古屋城濠出土と伝えられる銅鐸」も展示されている。こちらは近畿式・突線鈕5式のどうどうたる大型銅鐸(写真2)で現高106cmだが鈕上部と飾耳が欠損しており、復元すると120cmを越えると推定される。

企画展 小栗鉄次郎-戦火から国宝を守った男-

会期:平成21年8月1日(土)~9月13日(日)

開館時間:午前9時30分~午後5時00分(入場は午後4時30分まで)

休館日:毎週月曜日(8/3・10・17・24・31、9/7)と第4火曜日(8/25)

名古屋市博物館
住所:〒467-0806 愛知県名古屋市瑞穂区瑞穂通1-27-1
電話:052-853-2655

この展覧会は、小栗鉄次郎の明治・大正・昭和の70年間にわたる記録をもとに、愛知県史蹟名勝天然紀念物調査会主事として文化財の保護に努め、愛知の文化財の歴史と文化財と共に歩んだ氏の足跡を紹介します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »