« 難波洋三氏講演-特別講演会「古代はいま」 奈文研最前線 | トップページ | 堺市立みはら歴史博物館 特別展「古代に鋳る-青銅器-」 »

2010年9月30日 (木)

辰馬考古資料館「平成22年度秋季展 銅鐸 前・後・左・右」

_22_0001s 辰馬考古資料館の秋季展の案内が届いた~なんと今回は二週間毎に銅鐸の位置を変えて展示するという!! 銅鐸の裏表(A面-B面)が異なった文様を持つことはこれまでもブログの中でご紹介してきたが、通常の展示方法では銅鐸を正面向きで見せるためどちらかの面しか見られなかった(全方向から見られる展示ケースが望ましいのだが…そういう展示ケースはマレ…また鐸身の内部は熟覧申請でもしない限り見られない)。

出展品の中には、福井県の井向1号鐸や香川県の白山銅鐸もあり、辰馬で展示されるのを3年待ったが今回ようやく見られる。しかしこの画期的な展示方法は銅鐸ファンとしては嬉しいが、遠隔地から見に行くのはたいへんになりそうだ。銅鐸を載せた回転台かなにかが時間によって回るような展示がいいのだが…それも安全を考えると難しい。それに展示数も約30…一日中かかっても見終わらないかもしれない。

辰馬考古資料館「平成22年度秋季展 銅鐸 前・後・左・右」

開催期間:平成22年10月2日(土)~11月30日(火)(開館は午前10時から午後4時30分。入館は午後4時まで。)

今年度の秋季展では、館蔵の銅鐸を2週間ごと90°回転して展示いたします。通常の展観ではなかなか見ることのない側面や反対面も見学いただけます。様々な角度から銅鐸を観察できますので、この機会にぜひご覧ください。

主な展示品
流水文銅鐸(伝 滋賀県出土 出土)
流水文銅鐸(伝 静岡県井伊谷 出土)
袈裟襷文銅鐸(香川県三木町 白山 出土)
袈裟襷文銅鐸(伝 和歌山県日高郡 出土)など 約30点(予定)

入館料:大人200円、大学生100円、高校生以下無料

休館日:月曜日(ただし10/11は開館し翌10/12を休館日といたします)

_22_0002s 各面展示期間:○○の状態というのはチラシの写真を参照
(A-B側面、右上の状態)10/2~10/17
(B面:うら、右下の状態)10/19~10/31
(B-A側面、左下の状態)11/2~11/14
(A面:おもて、左上の状態)11/16~11/30

11/6(土)13:30~15:00には寺沢薫さんの講演会もある。寺沢さんは銅鐸のA-B面の違いから弥生人のイデアに迫るという研究をされている。

「銅鐸のおもて・うら-その二元的世界観-」西宮市教育文化センター2階(西宮市川束町15-26)※事前申し込み不要

※チラシ裏面もUPしておきます。チラシはKさんに送っていただきました。

|

« 難波洋三氏講演-特別講演会「古代はいま」 奈文研最前線 | トップページ | 堺市立みはら歴史博物館 特別展「古代に鋳る-青銅器-」 »

コメント

↓のような展示会をやっております。
原田神社蔵(大阪市美保管)流水文
下田遺跡出土袈裟襷文
濱寺町出土袈裟襷文
陶器村出土袈裟襷文
各種鋳造資料 が展示されています。
http://www.city.sakai.lg.jp/hakubutu/mcmihara/ki189.html

投稿: 銅剣鋳造隊長 | 2010年11月 8日 (月) 15時35分

> 銅剣鋳造隊長さん

みはら歴博の特別展ご教示ありがとうございます。
ようやく紹介文をUPできました。

妙国寺鐸は島根県のリストにも載っていないんです。

投稿: 向井一雄 | 2010年11月22日 (月) 21時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1000613/36997986

この記事へのトラックバック一覧です: 辰馬考古資料館「平成22年度秋季展 銅鐸 前・後・左・右」:

« 難波洋三氏講演-特別講演会「古代はいま」 奈文研最前線 | トップページ | 堺市立みはら歴史博物館 特別展「古代に鋳る-青銅器-」 »