« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月20日 (月)

アイヌの鍬形

Photo アイヌ最高の宝器「鍬形(くわがた)」をご存じだろうか?

アイヌ語では、ペラ・ウシ・トミ・カムイ(篦のついている宝神)、「キララ・ウシ・トミ・カムイ(角の生えている宝神)と呼ばれた。鍬先(くわさき)ともいう。

鍬形を最初に見たのは、北海道開拓記念館の2001年の特別展図録『知られざる中世の北海道-チャシと館の謎にせまる-』…アイヌの首長が日本の古い鎧などを使っているのは知っていたが、鍬形だけを造形化した奇妙なものもあるんだな~とその時は思った(写真1)。その後、瀬川拓郎さんの『アイヌの歴史 海と宝のノマド』(2007年/講談社選書メチエ)を読んで、非常に興味深いものであることを知った。

鍬形のルーツが中世武士の兜の前立てであることは容易に想像がつく。ただアイヌの首長にとってそれが至高の宝(イコル)であり、たいへんな霊力があり、病や災難の際にお祈りに用いる。鍬形を持つ者は尊敬され、そのために首長となれた。

霊力が強すぎるため、ずっと置いておくとその村に災いが起こるので首長がどこかの山中に埋めてくる。だから首長が死んだらそのありかは分からなくなるので、現物はほとんど残っていないという。

3 現在まで発見された鍬形はおよそ20例ほど、その中で保存されているのは東京国立博物館や東北歴史博物館、小樽市博物館、北大植物園博物館などわずか8点で、一般に公開されて見られるのは東博所蔵品ぐらい(写真2:左2個が東博、右端は東北歴博所蔵品)。

Photo_4 東京国立博物館の鍬形は、1916年(大正5)石狩郡角田村字桜山(現在の栗山町)で一度に7個も発掘された。鍬形本体は鉄製で装飾金具は銀製。発見者は3人で、根株を掘り起こしている最中に18cmの深さから見つけ、7個は重なっていたという(写真3)。鍬形は4個が帝室博物館(今の東京国立博物館)に寄贈され、3個は地元に返されたが行方不明に…地元栗山町の開拓記念館には復元された鍬形が展示されている(写真1:この復元品は九博所蔵品がモデル)。

・土中に埋めてある
・特別遺構(石室や箱など)や目印は設けていない
・一度にたくさん見つかることがある
・偶然発見される
・霊力を持つ最も大切な宝器
・共伴した遺物もなく年代を知る手がかりがない

と、何となく弥生の青銅器に似ていないだろうか? 東京国立博物館では本館の第15室が民族資料となっていて琉球とアイヌ関係の展示が交互に行われている。鍬形も時々出展されており、2年程前の冬、見ることができた。鍬形は3点展示されており(栗山町出土の残り1点は九博に移されている)、どんなお宝かとワクワクしていたが、瀬川さんも書いている通り、「思ったより「アバウト」な代物」「拍子抜けする秘宝」だった。

Photo_5 しかし、私には「ただの鉄板」という至高の宝の実態が、ますます弥生青銅器との共通性を考えさせられるようになった。瀬川さんは日本各地に残る鍬形を実測し編年案まで作られているので、実際に鍬形を手に取ったことがあり、「手にとってさらに力が抜けた」と感想を述べている-それは「華奢で軽く、おそらく手に持って振ると「しなう」にちがいない」とうほどのもので、付いている飾り金具もよく見ると粗雑な作りだという。弥生青銅器が実用の利器でなく祭祀具であることはよく知られているが、平形銅剣などはわずか300g、はっきり言って薄っぺらなブリキの板同然の代物だ、銅矛もご存じのように鋳造したままで刃も研がれず、最終的には柄さえ取り付けられなくなっている-いくら祭器とはいえあまりに作りが雑な印象は拭えない…

祭器、宝器とは所詮そのような“見せかけのもの”なのかもしれない。鍬形は所持する首長以外誰にも見せることはなく、償いなどに用いることはない「非交換物」だったというから、見せかけのもので十分だったのだろう。アイヌが儀礼に用いる刀なども綺麗な装飾で飾られているが、なんと鞘の中に刀本体はなく、抜くことすらできない。

Photo_3 誰も見たことがない首長だけが持つことを許された鍬形…「実態としては一種のがらくたのような鍬形を現実の社会のなかでどのようにして至高の宝としてゆくかという、宝の創造のテクニック」がそこにあると、瀬川さんは指摘する(写真5は鍬形を持つアイヌの首長[蠣崎波響「東武画像」])。また、瀬川さんは鍬形とよく似た性格のものとして北米北西海岸先住民の至高の宝「銅板」をあげる…春成秀爾さんが熱心に研究されていたあの銅板だ。

弥生の青銅器-特に銅鐸は“共同体のもの”としてのイメージが強烈だが、これとて首長墓に副葬された事例がないというのが根拠にすぎない。最近は青銅器を神の依代とみたて「弥生の神」そのものだという言説が多く聞かれるが、鍬形も銅板も決して偶像としての神ではない。鍬形や銅板は首長とその共同体に富をもたらす「マナ」の表彰物であり、「マナ」の実体化したものが鍬形だとする説明は、弥生青銅器の正体を解き明かすヒントになるように思えてならない。
マナ=霊力

鍬形と弥生青銅器との相似則を感じるのは私だけだろうか?

<編年図出典>
瀬川拓郎 2008「アイヌの宝器・鍬形の成立と変遷」『中世日本列島北部~サハリンにおける民族の形成過程の解明-市場経済圏拡大の観点から-』北海道大学総合博物館

<詳しいサイト>
クワサキのはなし

栗山町開拓記念館の片隅に[謎のアイヌ鍬形]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月16日 (木)

京都国立博物館・東京国立博物館「大出雲展」

Photo ネットで検索していたら、来年、京都(7/28-9/9)と東京(10/10-11/25)で「大出雲展」が開催されるらしい。荒神谷や加茂岩倉の銅剣や銅鐸も出展される。

加茂岩倉遺跡発見の翌97年にも「古代出雲文化展」が東京、大阪、島根(松江)で開催されたが、発見から今年で15年が経とうとしている(写真は古代出雲文化展の図録表紙)。

京都、東京で来年「大出雲展」 銅剣、銅鐸など展示2011/6/10 読売新聞
 
古代出雲の遺物を集めた「古事記1300年・出雲大社大遷宮 大出雲展」(島根県、読売新聞社など主催)が来年7月28日~9月9日、京都市東山区の京都国立博物館で開かれる。島根県が9日発表した。
荒神谷遺跡(斐川町)と加茂岩倉遺跡(雲南市)で出土した銅剣や銅鐸(どうたく)、銅矛(いずれも国宝)など県の所蔵品を中心に出展。同県出雲市の出雲大社境内で出土したかつての巨大本殿の宇豆柱(うづばしら)(重要文化財)も展示される。
出雲にまつわる多くの神話を収録した古事記の編纂(へんさん)から来年が1300年となるのを記念する企画。神話の舞台となった出雲大社では現在、60年ぶりの大遷宮(改修)も行われている。
同展は来年10月10日~11月25日、東京国立博物館でも「出雲―聖地の至宝」として開かれる。
溝口善兵衛・島根県知事は記者会見で「関西、関東圏の多くの人に足を運んでもらい、島根への関心を深めてほしい」と話した。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2011年6月12日 (日)

第66回銅鐸研究会「弥生時代の青銅器生産と銅鐸」

Photo_2 銅鐸博物館恒例の銅鐸研究会…最近ご無沙汰だったので、今回は参加したい。北井さんは一昨年の銅鐸展以来、銅鐸の鋳造方法の研究に注力されている。気泡の有無による石製、土製鋳型の違いを発見されたのも北井さんなので、今回の講演ではさらに詳しい鋳造方法の秘密についていろいろと聴けそうだ。

第66回銅鐸研究会

演題/「弥生時代の青銅器生産と銅鐸」
講師/北井利幸さん(奈良県立橿原考古学研究所附属博物館主任学芸員)

2011年7月9日(土) 午後2時~4時

銅鐸博物館では、1988年に開館して以来、定期的に「銅鐸研究会」を開催しています。学会などで活躍される研究者や、調査担当者より、銅鐸に関わる調査研究成果をお話しいただいています。今回の講演では、青銅器やその鋳型を比較し、弥生時代の鋳造技術や同笵銅鐸の謎を探っていきます。
※当日受付(事前申込不要)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 7日 (火)

銅鐸の鳥はコウノトリ?!

Photo大阪の池島・福万寺遺跡(東大阪市・八尾市)の弥生時代前期の水田跡で見つかった鳥の足跡が、コウノトリと判明したという。

銅鐸に描かれた鳥は、その姿形からサギやツルと考えられ、近年では銅鐸の鳥論争はサギ説が有力視されていたが、今回の足跡発見で、第3の鳥-コウノトリ説が急浮上している。

今回は足跡の大きさが
・約15cmと大型
・サギに比べて指が太い
・指の間が広い
などの特徴からコウノトリのものと判定した、ということだが…

Photo_3 足跡に関しては、コウノトリが確実だとしても、それによって銅鐸の鳥がコウノトリと決めつけていいものがどうか、そもそもポンチ絵のような銅鐸絵画(写真2/春成論文から)から種類を特定しようというのが無理な相談だったのではないだろうか?

近年、サギ説が有力となっていたのは、春成秀爾さんや寺沢薫さんの論文によるのだが、お二人とも銅鐸の鳥を「稲魂」「穀霊」と捉えている。そして稲作の季節から渡りをするツルを季節的に水田にいないとして否定、サギ説に軍配を挙げた(春成さんはツルの穂落神伝承から当初ツル説だった)。

しかし銅鐸絵画からは長い足、スラリとした細身のプロポーション、長い嘴、魚を食べるなどしかわからない

Photo_4 写真を見てもらうとわかるが、ツル、サギ、コウノトリ(写真左から)いずれも大型の白い鳥という共通項はあるものの、どの鳥も銅鐸の鳥に似ているといえば似ている。

弥生人は特定の鳥を描こうとしたのではなく、水田にやってくる足長のツル形の白い鳥を描いたのではないか…さらに考えを進めれば白い鳥とはいったい何なのか? 銅鐸の鳥=稲魂という説は本当に正しいのだろうか?

銅鐸が農耕祭祀に使われたというのはなかば定説化しているが、これとて確たる証拠はない。「白い鳥」というキーワードで考えてみると、フィッチャーの鳥ババ・ヤガーと白い鳥(鵞鳥白鳥)などの民話が想起される。それは魂の鳥、冥界の鳥である。

「冥界」というと、暗い死の世界を思い浮かべるだろうが、古代人は冥界には飢えも寒さも貧しさもない。辛い暮らしをしていた魂を優しく迎えてくれる、満ち足りた幸せな世界と考えていたらしい。日本でいう「常世」が近いイメージかもしれない。現代人にとっては「天国」の方がわかりやすいだろうが、古代人の考えたものとはかなりかけ離れた存在だ。

この世の豊穣をもたらす源泉もこの冥界からだから、そこと行き来する鳥=稲魂・穀霊というのは間違った解釈ではないだろうが、非常に狭い解釈にとどまっている。農耕祭祀説に凝り固まった人たちには中沢新一さんの『カイエ・ソバージュ』でも読んで欲しい。

白い鳥というとヤマトタケルが死んで白鳥になったという話もあるし、古墳壁画の鳥船(舳先や艫にとまった鳥)もある。これらはいずれも「死」のイメージと重なり、冥界へ向かう魂や冥界への水先案内と解釈される。あまり知られていないが、アメノワカヒコが死んだ時いろいろな鳥が葬儀を執り行う。しかし同じ鳥と船でも沖縄ではオナリ神(妹の生御魂・霊力)が白い鳥となって兄を守るために船の艫にとまっている。

1稲吉角田遺跡の大きな壷に描かれた絵画も、鳥装の漕手と土器絵画によく見られる鳥人とのモチーフの類似性から蘇塗的祭祀との関連が指摘され、農耕儀礼と結びつけて解釈されているが、この「鳥人」-鳥装のシャーマン自体、世界的な広がりを持っている。それも農耕民だけでなく狩猟民の間でもシャーマンといえば鳥装が多い。鳥=穀霊=農耕祭祀と断ずる論者は狩猟民の鳥装シャーマンをどう理解するのだろう。

『カイエ・ソバージュ』では、「シャーマンの鳥装」を地底の冥界から飛翔して現世に戻ってくるための能力を身につけるためと説明する…鳥装はシャーマンにとって命がけの変身であり、単なる仮装ではないのだ。

銅鐸の鳥を農耕祭祀の中だけで解釈してきた従来説が、銅鐸そのものの解釈さえ歪めている可能性は大きい。

<参考文献>
春成秀爾「銅鐸のまつり」『国立歴史民俗博物館研究報告』12号(1987年/国立歴史民俗博物館)
寺沢薫「弥生人の心を描く」『日本の古代』13 心の中の宇宙(1987年/中央公論社)
歴博編,佐原真『銅鐸の絵を読み解く-歴博フォーラム』(1997年/小学館)
金関恕『弥生の習俗と宗教』(2004年/学生社)
平林章仁『鹿と鳥の文化史』(1992年/白水社, 2011年新装版)

国内最古のコウノトリ足跡と判明…大阪の遺跡 水田跡「幸福の鳥」弥生人と生きる
読売新聞 2011/5/19
石こうで型を取ったコウノトリの足跡(18日、奈良市の奈良文化財研究所で)=大西健次撮影 大阪府東大阪、八尾両市にまたがる池島・福万寺遺跡の弥生時代前期(約2400年前)の水田跡で見つかった鳥の足跡が、コウノトリと判明し、奈良文化財研究所が18日、発表した。水田稲作が始まった頃から人と共生したことを示す発見で、同時代の祭器・銅鐸(どうたく)に描かれた鳥もコウノトリの可能性が高まった。専門家は「農耕祭祀(さいし)の中で人々の信仰を集めた鳥だったのでは」とみている。

これまでは群馬県内で出土した6世紀の足跡が国内最古だったが、今回はさらに約900年さかのぼる。同遺跡は1996年に大阪府文化財センターが調査。洪水で埋まった水田跡で鳥の足跡数十個と、人の足跡約100個を確認した。

その後、鳥の足跡1個を石こう型に取り、同研究所に鑑定を依頼。しばらく特定できなかったが、兵庫県立コウノトリの郷(さと)公園(豊岡市)や山階(やましな)鳥類研究所(千葉県我孫子市)も分析に加わり、▽足跡の大きさが約15センチと大型▽サギに比べて指が太い▽指の間が広い――などの特徴からコウノトリのものと判定した。同遺跡の他の鳥の足跡も写真鑑定の結果、コウノトリの特徴と共通していた。

一方、銅鐸については神戸市出土の桜ヶ丘銅鐸(国宝)などのように、胴部に首と脚の長い鳥が描かれている例があり、従来はサギかツルとみられていた。

今回の成果を踏まえ、奈良文化財研究所の松井章・埋蔵文化財センター長は「水田稲作の初期段階からコウノトリが人の身近な存在だったことは明らか。大柄で美しい鳥を、祭祀や信仰の対象として銅鐸に表現したのでは」と指摘する。

足跡の石こう型は21日~7月3日、大阪府立弥生文化博物館(和泉市)で開かれる春季企画展で展示される。問い合わせは同館(0725・46・2162)。

コウノトリ 体長約1メートル、翼長約2メートルになる大型の鳥で、シベリア東部などで繁殖する。日本では国の特別天然記念物に指定されたが、野生は1971年に絶滅。85年、旧ソ連からヒナを譲り受けて兵庫県豊岡市で人工飼育、2005年から野外に放している。現在、放鳥19羽、野外で生まれた幼鳥21羽が生息。市では無農薬、減農薬農法で餌場づくりを進めており、農作業中の人の近くで餌をついばむ姿も見られる。

銅鐸「第3の鳥」浮かぶ 最古 コウノトリ足跡 弥生期、信仰対象の可能性
産経新聞 2011/5/19
池島・福万寺遺跡(大阪府の東大阪、八尾両市)の弥生時代の水田跡で18日、コウノトリと確認された鳥の足跡。同時代の銅鐸(どうたく)に描かれた鳥は長年、サギやツルと考えられ、近年はサギ説が有力視されていたが、今回の発見で奈良文化財研究所の松井章・埋蔵文化財センター長が「銅鐸の鳥の足は指を大きく広げている。サギではありえない表現」と主張。コウノトリ説が銅鐸の鳥論争に名乗りを上げた。

今回の発見は、最初に大阪府文化財センターなどによる平成8年の発掘調査で、人や鳥の足跡をそれぞれ約100個確認。兵庫県立コウノトリの郷公園の職員らが昨年2月に偶然、足跡の石膏(せっこう)型を見たことで調査が進展した。

同公園のコウノトリとアオサギの足跡の型を照合した結果、特徴が酷似。さらに山階鳥類研究所(千葉県)にも分析を依頼し、コウノトリの可能性が高いことが確認された。

この発見を機に、弥生時代の銅鐸に描かれた鳥もコウノトリだった可能性が浮上した。

神戸市灘区で出土した桜ケ丘5号銅鐸(国宝)などには、首や足が長い鳥が描かれており、これまでサギやツルとされてきた。コウノトリ説が明確に浮上しなかったのは、すでに絶滅に瀕(ひん)し研究者らにとって身近な鳥ではなかったことが影響しているという。

大阪府立弥生文化博物館の金関恕館長は「農耕生活を営む人間のすぐそばにコウノトリがいたと考えられる」と主張。松井センター長は「コウノトリはサギより大きく目の周りや足が赤い。神々しいと考えて当然だ」として信仰の対象だった可能性も指摘する。

一方、国立歴史民俗博物館(千葉県)の春成秀爾名誉教授(考古学)は「当時はサギもツルもいただろう。コウノトリだけ信仰の対象というのは考えにくい」と主張。青銅器に詳しい寺沢薫・元奈良県立橿原考古学研究所研究員も、銅鐸の鳥は稲の魂を運んでくる象徴として描かれたとした上で、「稲の魂を運ぶ真っ白な鳥はサギ。サギが有力だろう」と反論している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 6日 (月)

東京国立博物館-本館で銅鐸展?!

Photo_2 昨日まで東博・平成館 考古展示室で展示中の林銅鐸(和歌山県田辺市中芳養林平ヶ峯出土)と石井谷1号銅鐸(和歌山県有田市新堂大峯出土)を見てきた。中芳養銅鐸は渦森型・有本型の系譜を引く興味深い銅鐸だった-また後日観察所見を紹介したい。

東博の新しいHPを検索してみると、本館の2F・第1室の「日本美術のあけぼの-縄文・弥生・古墳-」のコーナーで一挙に銅鐸を9個も展示していることを知った。さながらミニ銅鐸展だ。

足守鐸は福田型銅鐸の中で最後に残った未見の1個だったが、ようやくお目にかかることができた。9個の銅鐸は通常の展示ケースではなく丸いステージに展示しているので銅鐸を側面からも観察できる。

6/7からは平成館も展示替え、今度は岡山の妹銅鐸がはじめて見られる(4年待った甲斐あり)また八尾の恩智銅鐸と共に淡路島の倭文(しとおり)銅鐸が展示される-この2つは同笵銅鐸としても有名(実は倭文鐸も初見!)。

東京国立博物館 日本美術のあけぼの-縄文・弥生・古墳-
本館 1室  2011年5月10日(火)~2011年11月6日(日)
今回は、ステージに銅鐸の各種を展示し、弥生時代の優れた金属工芸の一端を紹介します。

横帯文銅鐸  1個 伝岡山市北区足守出土 弥生時代(中期)・前2~前1世紀 徳川頼貞氏寄贈 J-10419 
袈裟襷文銅鐸  1個 兵庫県神戸市東灘区渦森台出土 弥生時代(中期)・前2~前1世紀 J-23713 
袈裟襷文銅鐸  1個 奈良県奈良市秋篠町出土 弥生時代・前2~前1世紀 J-37019 
袈裟襷文銅鐸  1個 和歌山県みなべ町晩稲晩稲平出土 弥生時代(後期)・1~3世紀 J-20786 
重文 袈裟襷文銅鐸(近畿式)  1個 滋賀県野洲市小篠原字大岩山出土 弥生時代(後期)・1~3世紀 J-827 
袈裟襷文銅鐸  1個 徳島市国府町西矢野出土 弥生時代(中期)・前2~前1世紀 J-36494 
袈裟襷文銅鐸  1個 和歌山県みなべ町西本庄出土 弥生時代(後期)・1~3世紀 J-8983 
重文 流水文銅鐸  1個 兵庫県豊岡市気比字溝谷出土(気比2号) 弥生時代・前2~前1世紀 J-7124 
流水文銅鐸  1個 島根県邑南町中野字仮屋出土 弥生時代・前2~前1世紀 J-7397

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年6月 4日 (土)

「大阪歴史探訪」第5回「大阪の銅鐸-前半期銅鐸を中心に-」

考古学のおやつから、講演会情報…正岡大実さんは6/5、安土でも講演される。銅鐸に関する論文はないようだが、新たな銅鐸研究者の登場か?

弥生博は出前授業というのをやっているらしい。でもどうして平日にやるんだろう?

でかける博物館講座「大阪歴史探訪」第5回
正岡大実「大阪の銅鐸-前半期銅鐸を中心に-」

日 時:2011年10月20日(木)14:00~15:30
場 所:大阪府立中央図書館ライティ・ホール(東大阪市荒本北1-2-1)
定 員:380名様
聴講料:500円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 2日 (木)

鐘巻銅鐸の修理完了

Photo 検索していたら、和歌山でいくつか銅鐸のニュースがあったのでご紹介しておきたい。

一つは元興寺文化財研究所で修理作業が行われていた鐘巻銅鐸の修理が完了して、2/22に道成寺に戻ってきた。昨年3月に修理が行われるというニュースを見て和歌山に行くのを見合わせていたが、戻った銅鐸は見違えるような見事な青銅色に復元されている!

鐘巻銅鐸は、宝暦12年(1762)に道成寺南側の水田から出土したとされ、裾の部分が欠損しているが、高さは110.6cmあり、県内では最大級の銅鐸。この銅鐸は飾り耳の双頭渦紋をつなぐブリッジを持つタイプで、このタイプの銅鐸は裾部が長いことも特徴なので、同タイプの銅鐸を参考に復元してみると、本来の高さは130cm近くあった計算になる。これは日本最大の大岩山銅鐸や大英博物館蔵の朝来銅鐸と並ぶ大きさ。

道成寺では3/19~4/10まで春の本堂特別公開に合わせて無料公開していた(通常時は有料)

Photo_2修復前・修復後の写真はこちら…以前は白っぽくボロボロだったので同じ銅鐸とは思えない、ずいぶんイメージが違う。

鐘巻銅鐸の修理完了 日高川町・道成寺に戻る 和歌山産経新聞 2011.2.23

鐘巻銅鐸に関して、もう一つ興味深いニュースは、修復作業時に鉛同位体比分析が行われて、鉛は中国の華北地方でのもの(=いわゆるグループA)と分かり、後期の銅鐸と同様の鉛成分であることから、弥生時代に作られた本物と判明したということ。さらに文様がはっきりしたことで突線鈕5式 近畿ⅣC 6区袈裟襷文とわかった。

鐘巻銅鐸はやはり弥生時代日高新報 2011.2.24) 


Photo_3もう一つは銅鐸展示情報…和歌県立紀伊風土記の丘資料館で野井銅鐸(有田市出土)が6/12まで展示されている。

また3/27まで和歌山市立博物館では「市内出土の銅鐸と鏡」がコーナー展示されていたようだが、気づかなかった…(残念)

新収蔵品展および野井銅鐸展示朝日新聞 2011.5.26

6月12日まで、和歌山市岩橋の県立紀伊風土記の丘。オオカミの骨でできた根付け、手で触れることのできる土器や瓦を展示。野井銅鐸(高さ43・6センチ)は1877年に有田市で発見された。弥生中期のものと考えられ、3月に県文化財の指定を受けた。入館料は一般190円、大学生90円、高校生以下と65歳以上は無料。月曜休館。問い合わせは紀伊風土記の丘(073・471・6123)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »