« 第66回銅鐸研究会「弥生時代の青銅器生産と銅鐸」 | トップページ | アイヌの鍬形 »

2011年6月16日 (木)

京都国立博物館・東京国立博物館「大出雲展」

Photo ネットで検索していたら、来年、京都(7/28-9/9)と東京(10/10-11/25)で「大出雲展」が開催されるらしい。荒神谷や加茂岩倉の銅剣や銅鐸も出展される。

加茂岩倉遺跡発見の翌97年にも「古代出雲文化展」が東京、大阪、島根(松江)で開催されたが、発見から今年で15年が経とうとしている(写真は古代出雲文化展の図録表紙)。

京都、東京で来年「大出雲展」 銅剣、銅鐸など展示2011/6/10 読売新聞
 
古代出雲の遺物を集めた「古事記1300年・出雲大社大遷宮 大出雲展」(島根県、読売新聞社など主催)が来年7月28日~9月9日、京都市東山区の京都国立博物館で開かれる。島根県が9日発表した。
荒神谷遺跡(斐川町)と加茂岩倉遺跡(雲南市)で出土した銅剣や銅鐸(どうたく)、銅矛(いずれも国宝)など県の所蔵品を中心に出展。同県出雲市の出雲大社境内で出土したかつての巨大本殿の宇豆柱(うづばしら)(重要文化財)も展示される。
出雲にまつわる多くの神話を収録した古事記の編纂(へんさん)から来年が1300年となるのを記念する企画。神話の舞台となった出雲大社では現在、60年ぶりの大遷宮(改修)も行われている。
同展は来年10月10日~11月25日、東京国立博物館でも「出雲―聖地の至宝」として開かれる。
溝口善兵衛・島根県知事は記者会見で「関西、関東圏の多くの人に足を運んでもらい、島根への関心を深めてほしい」と話した。

|

« 第66回銅鐸研究会「弥生時代の青銅器生産と銅鐸」 | トップページ | アイヌの鍬形 »

コメント

 古代出雲歴史博物館いったお。
物凄い迫力あったね。さらには、スサノオの草那芸之大刀を思わせるような、鉄製大刀が島根県安来市のかわらけ谷というところで発見されたらしいんだけど、なんと錆びずに奇跡の輝きをみせているという。素晴らしいですね。

投稿: 三菱 | 2011年12月22日 (木) 18時43分

三菱様

出雲古代歴博…私も好きな博物館の一つです。

鉄刀というと茶色の錆に覆われたものばかりですが、
名刀展など見学すると美しく銀色に輝いていますものね。

かわらけ谷に大刀はいつ頃のものでしょうか?
安来にある和鋼博物館も面白いですよ。

投稿: 向井 | 2011年12月23日 (金) 10時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1000613/40422365

この記事へのトラックバック一覧です: 京都国立博物館・東京国立博物館「大出雲展」:

» 京都 デートスポット [京都 デートスポット]
京都 デートスポットについて。 [続きを読む]

受信: 2011年6月17日 (金) 00時13分

» ケノーベルからリンクのご案内(2011/06/17 08:48) [ケノーベル エージェント]
京都市東山区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2011年6月17日 (金) 08時48分

« 第66回銅鐸研究会「弥生時代の青銅器生産と銅鐸」 | トップページ | アイヌの鍬形 »