« 飛鳥資料館 平成23年度夏期企画展「鋳造技術の考古学-東アジアにひろがる鋳物師のわざ-」 | トップページ | 九州歴史資料館・記念講演会「北部九州の青銅器と弥生社会-福岡の新発見資料から-」 »

2011年11月 1日 (火)

辰馬考古資料館・平成23年度秋季展「原始・古代の文様と美」

_23 辰馬考古資料館で秋季展が開催されている。今回は縄文時代がメインだが、銅鐸も10点ほど展示されている。伝淡路の流水文銅鐸は以前に取り上げたものだが、東海派の流水文銅鐸として多彩な文様が特徴的な逸品。チラシ裏の異形筒形土器など珍しい遺物も展示されており、興味深い。

2011年10月1日(土)~11月30日(水)
開館時間:10:00-16:30
休館日:月曜(祝日の場合は翌日休館)
(財)辰馬考古資料館
〒662-0962 西宮市松下町2-28
Tel:0798-34-0130

館蔵考古資料にみられる文様(模様)を取り上げます。縄文土器や銅鐸などに描かれた文様を幅広く楽しんでいただきたく思います。
また、3月に発生しました東日本大震災からの復興を願い、館蔵品の中から、岩手・宮城県の縄文遺跡から出土した資料を出品いたします。併せてご覧下さい。

主な展示品
縄文土器(茨城県 椎塚貝塚)
縄文土器(青森県 亀ヶ岡遺跡)
鹿角製装飾具(宮城県 里浜貝塚)
流水文銅鐸(伝 淡路 出土)
変形方格渦文鏡(出土地不詳)ほか

講演会
日時:2011年11月3日(木)文化の日
講師:金関 恕(当館・大阪府立弥生文化博物館館長)
題目:「縄文の美・弥生の美」
会場:西宮市教育文化センター2F(西宮市川東町15-26)

|

« 飛鳥資料館 平成23年度夏期企画展「鋳造技術の考古学-東アジアにひろがる鋳物師のわざ-」 | トップページ | 九州歴史資料館・記念講演会「北部九州の青銅器と弥生社会-福岡の新発見資料から-」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1000613/42784828

この記事へのトラックバック一覧です: 辰馬考古資料館・平成23年度秋季展「原始・古代の文様と美」:

« 飛鳥資料館 平成23年度夏期企画展「鋳造技術の考古学-東アジアにひろがる鋳物師のわざ-」 | トップページ | 九州歴史資料館・記念講演会「北部九州の青銅器と弥生社会-福岡の新発見資料から-」 »