« 神戸市『北青木銅鐸』報告書刊行 | トップページ | 兵庫県立考古博物館開館5周年記念シンポジウム「卑弥呼がいた時代」 »

2012年7月20日 (金)

野洲市歴史民俗資料館 夏期企画展「大岩山銅鐸と近江」

Doutaku神戸市博で銅鐸展開催と思ったら、今度は野洲の銅鐸博物館でも銅鐸展が開催されるという。“昭和の大発見50年”とあるが、桜ヶ丘も発見から今年で48年…大量埋納の横綱級の遺跡がほぼ同じ時期に発見されていたことがわかる。

企画展後だが、銅鐸研究会も久しぶりに開催されるらしい。

夏期企画展 昭和の大発見50年「大岩山銅鐸と近江」
7月21日(土)~9月2日(日)

野洲市小篠原の大岩山では、明治14(1881)年に14個、昭和37年(1962)に10個の銅鐸が発見されている。今回は昭和の銅鐸発見から50年を記念して、昭和37年に発見された銅鐸や、湖南地域の弥生時代の遺跡や出土品を紹介する。

記念講演会 8月11日(土)14:00~16:00
講師/水野正好氏(奈良大学名誉教授)
演題/「研究史に輝く大岩山の銅鐸たち」
※要入館料(野洲市民は無料)
※事前申込不要・当日受付、定員120名

第68回銅鐸研究会 9月23日(日)14:00~16:00
※要入館料(野洲市民は無料)
※事前申込不要・当日受付、定員120名

大岩山銅鐸(昭和)
昭和37年(1962)には、東海道新幹線建設のための土取り工事がその出土地付近で行われ、工事現場から新たに10個の銅鐸が出土した。

桜ヶ丘銅鐸
昭和39(1964)年に神戸市灘区桜ヶ丘で銅鐸14個と武器型青銅器である銅戈7本発見された。

|

« 神戸市『北青木銅鐸』報告書刊行 | トップページ | 兵庫県立考古博物館開館5周年記念シンポジウム「卑弥呼がいた時代」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1000613/46391252

この記事へのトラックバック一覧です: 野洲市歴史民俗資料館 夏期企画展「大岩山銅鐸と近江」:

« 神戸市『北青木銅鐸』報告書刊行 | トップページ | 兵庫県立考古博物館開館5周年記念シンポジウム「卑弥呼がいた時代」 »