« 神戸市立博物館 開館30年記念特別展「国宝桜ヶ丘銅鐸の謎に迫る」 | トップページ | 野洲市歴史民俗資料館 夏期企画展「大岩山銅鐸と近江」 »

2012年7月 5日 (木)

神戸市『北青木銅鐸』報告書刊行

S 平成18年度(2006年11月2日発表)の発掘調査で出土した、北青木(きたおうぎ)銅鐸の報告書が刊行された。友人Y氏からのメールで知った。

北青木銅鐸というと、埋納坑が二時期あることが判明し、かつて通説化していた「銅鐸地中保管説」が再度見直されそうだと注目された遺跡。緊急調査のため銅鐸周辺の土塊を剥ぎ取って埋文センターに持ち込み慎重な調査を進めた結果-銅鐸が埋められていた本来の土坑の下にもっと大きな土坑の存在が明らかになった。さらにこの大きな土坑中から小さな青銅破片が見つかったため、最初下部の大きな土坑に埋納されたが、その後掘り出され、祭祀終了後、上部の小さな土坑に再び銅鐸が埋納されたと想定された(破片は掘り出し時に破損、落下)。

この青銅破片は本当に銅鐸の破片なのかと疑っていたが、報告書を読むと、鋸歯文などから「鈕」の破片らしい。また上記の二つの土坑についての解釈も少し変わってきているようだ。

北青木銅鐸は東部瀬戸内を中心に分布する「亀山型」の銅鐸でもあり、報告書では亀山型の鉛同位体比の比較も載っている。

1冊/600円で頒布(送料290円)

購入希望者は、神戸市教育委員会文化財課まで問い合わせ下さい。印刷部数は僅少とのこと。

連絡先:神戸市教育委員会文化財課
神戸市中央区加納町6丁目5-1
TEL:078-322-6480
FAX:078-322-6148

|

« 神戸市立博物館 開館30年記念特別展「国宝桜ヶ丘銅鐸の謎に迫る」 | トップページ | 野洲市歴史民俗資料館 夏期企画展「大岩山銅鐸と近江」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1000613/46202959

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸市『北青木銅鐸』報告書刊行:

« 神戸市立博物館 開館30年記念特別展「国宝桜ヶ丘銅鐸の謎に迫る」 | トップページ | 野洲市歴史民俗資料館 夏期企画展「大岩山銅鐸と近江」 »