« 兵庫県立考古博物館開館5周年記念シンポジウム「卑弥呼がいた時代」 | トップページ | 銅鐸の最大級破片出土 浜松・松東遺跡 »

2012年9月10日 (月)

第68回銅鐸研究会「銅鐸群と中期弥生社会」

Ryuusui


9/23の銅鐸研究会…野洲市のHPを覗いてみたら、講師が決まっていた。
正岡大実さんは昨夏の弥生博での特別展「豊饒をもたらす響き 銅鐸」の企画担当者

日時/9月23日(日)14:00~16:00
演題/「銅鐸群と中期弥生社会」
講師/正岡大実さん(大阪府立弥生文化博物館)
※当日受付、定員120名(要入館料、野洲市民は無料)

今回は、弥生時代中期を中心とした銅鐸群が、どのように変遷し、影響を及ぼしあったのか、銅鐸の形や文様などから弥生時代の社会構造や集団関係に迫ります。

|

« 兵庫県立考古博物館開館5周年記念シンポジウム「卑弥呼がいた時代」 | トップページ | 銅鐸の最大級破片出土 浜松・松東遺跡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1000613/47026463

この記事へのトラックバック一覧です: 第68回銅鐸研究会「銅鐸群と中期弥生社会」:

« 兵庫県立考古博物館開館5周年記念シンポジウム「卑弥呼がいた時代」 | トップページ | 銅鐸の最大級破片出土 浜松・松東遺跡 »