« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月25日 (水)

大阪・東奈良遺跡 銅鐸描いた絵画土器が出土 全国初

_銅鐸描いた絵画土器が出土 市教委や専門家「全国初」 大阪・茨木
産経ニュース 2013/9/25

弥生時代中期に銅鐸を鋳造した工房があったことで知られる大阪府茨木市の東奈良遺跡で、銅鐸の絵を線刻で描いた紀元前1世紀ごろの絵画土器が見つかっていたことが24日、分かった。同市教委によると、銅鐸の絵画がはっきり描かれた土器の出土例は全国初といい、担当者は「精緻に描かれており、実際に銅鐸を見た人物が刻んだことは間違いない」としている。

見つかった絵は「鈕(ちゅう)」と呼ばれる銅鐸の上部で、広口壺の胴部にあたる破片に約4センチ描かれていた。外形だけでなく、「綾杉文(あやすぎもん)」と呼ばれる文様も表現されている。同じ土器の反対側には、銅鐸の代表的な文様である「流水文(りゅうすいもん)」と、シカと思われる線刻もあった。広口壺の破片は平成16年に遺跡の穴から出土。数年前、文化財資料館の職員が土器の整理をしていたときに銅鐸の可能性がある線刻に気づき検証していた。

同遺跡は昭和48年以降、銅鐸鋳型の破片36点が発見されている。銅鐸の工房があったことを示す鋳型は全国でも唐古(からこ)・鍵(かぎ)遺跡(奈良県田原本町)など10カ所程度に限られている。

古代祭祀(さいし)に詳しい辰巳和弘・元同志社大教授(古代学)の話「銅鐸が描かれた絵画土器は初めて。しかも写実的で、非常に驚いた。弥生人の信仰を考える上で貴重な資料になる」


_2銅鐸の絵画土器を初確認 大阪、実物見て描く?
産経ニュースハイライト 2013/10/1

大阪府茨木市の東奈良遺跡で見つかった弥生時代中期(約2千年前)の土器のつぼに、線刻で銅鐸が描かれていたことが1日、分かった。同市教育委員会によると、はっきりと銅鐸が描かれた土器の発見は全国で初めて。担当者は「絵は写実的で、東奈良遺跡の弥生人が銅鐸を見ながら描いたのではないか」としている。つぼは、ほとんどが欠けていたが、銅鐸上部のつり手部分が縦3センチ、横4センチにわたり描かれていた。東奈良遺跡は昭和49年に全国で唯一の完全な形の銅鐸鋳型(重要文化財)が見つかり、青銅器の生産工房があった遺跡として知られる。銅鐸は全国で500個ほど出土しているが、鋳型は奈良県の唐古・鍵遺跡など近畿を中心に約10カ所でしか見つかっていない。つぼは2日から市立文化財資料館で展示される。

写真は、大阪府茨木市の東奈良遺跡で見つかった、線刻で銅鐸が描かれていたことが分かった土器のつぼ(上)。下部中央に銅鐸上部の「飾り耳」と呼ばれる突起部分などが描かれている。




Photo_2このニュースも完全に見落とし…そういえば銅鐸形土製品というのはたくさんあるが、絵画土器の画題にはなっていなかった。稲吉角田遺跡鳥取県淀江町)の土器に描かれた木に吊るされた?袋のようなものが銅鐸といわれていたぐらい(図の左下のC)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月13日 (金)

「白山銅鐸」里帰り展示

Doutaku『白山銅鐸』里帰り展示~いにしえの三木町に思いを馳せる

現在、辰馬考古資料館(兵庫県西宮市)で所蔵されている「白山銅鐸」。
明治時代に三木町の白山から出土した銅鐸です。
今回初めて三木町に里帰りすることになりました。
5日間だけですが、メタ・ライブラリー内に展示いたしますので
ぜひ足をお運びください。

★展示日
第1回目 平成25年9月22日(日)、23日(月・祝日)
同時開催「サンサン館みき10周年、文化交流プラザ来場者300万人記念合同イベント」

第2回目 平成25年10月26日(土)
同時開催「獅子たちの里 三木まんで願。」

第3回目 平成25年11月2日(土)、3日(日)
同時開催 三木町文化祭

★展示時間
午前10時から午後6時まで

★展示場所
三木町文化交流プラザ メタ・ライブラリー
〒761-0703 香川県木田郡三木町大字鹿伏360 
TEL / 087-898-9222 FAX / 087-898-9666

これも完全に見落としてしまった展示…白山銅鐸は2010年秋の辰馬の展示で見逃して、その後、弥生博の企画展「続・発掘へんろ-四国の弥生時代」で特別に展示されるらしいという時も見逃した。どうもこの銅鐸とは縁がない…
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »