« 淡路島・松帆銅鐸.2個の内部から「ひも付きの舌」確認 | トップページ | 第75回銅鐸研究会「神明遺跡出土の銅鐸について」 »

2016年1月21日 (木)

松帆銅鐸発見記念シンポジウム

Photo


先週、高松で松帆銅鐸シンポジウムのチラシを入手した。昨夏の初公開を見逃したため次の機会はと注意していたが、以外に早い二回目の公開。2/7がお天気になることを祈る(淡路島は明石海峡大橋か船でないと渡れないため)。

銅鐸は、南あわじ市松帆西路の滝川記念美術館「玉青館」で展示(一部は写真などで紹介。入館料300円。月曜休館)。その後2月27日から播磨町の兵庫県立考古博物館へ巡回。ようやく本土で見られる!!

松帆銅鐸発見記念シンポジウムを開催します!!

内容:
・日時:2016年2月7日(日曜日)
 午後1時~4時30分
・場所:中央公民館(旧三原公民館)
 南あわじ市市三條880番地 

参加無料ですが、事前申し込みが必要です。(先着500名まで)
・必ず往復はがきで申し込んでください。
(はがき1枚につき2名までの申し込みが可能です。)
・住所・氏名・電話番号・人数(2名まで)を明記、
 返信用はがきにも住所・氏名をご記入下さい。
・締切:2016年1月27日(水曜日)必着
・送付先:〒656-0455 兵庫県南あわじ市神代国衙1100
 南あわじ市埋蔵文化財調査事務所

31093_52735_img


会場(中央公民館)への交通機関の案内
10時10分 三ノ宮発福良行神姫バスに乗車→11時14分 洲本インターチェンジバス停で下車
→11時28分 洲本インターチェンジバス停で淡路交通縦貫線洲本高速バスセンター発福良行に乗り換え
→11時48分 市バス停で下車→徒歩で会場まで15分
※会場周辺は飲食店が少ないので、市バス停周辺の飲食店やコンビニをご利用下さい。

お問い合わせ先:
埋蔵文化財事務所
〒656-0455 南あわじ市神代國衙1100番地
Tel:(0799)42-3849
Fax:(0799)42-3806

松帆銅鐸の謎に迫る 2月7日、南あわじでシンポ(神戸新聞NEXT 2016/1/8)

|

« 淡路島・松帆銅鐸.2個の内部から「ひも付きの舌」確認 | トップページ | 第75回銅鐸研究会「神明遺跡出土の銅鐸について」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1000613/63566172

この記事へのトラックバック一覧です: 松帆銅鐸発見記念シンポジウム:

« 淡路島・松帆銅鐸.2個の内部から「ひも付きの舌」確認 | トップページ | 第75回銅鐸研究会「神明遺跡出土の銅鐸について」 »