« 平成27年度弥生フェスティバル連続講演会 奇跡の発見!松帆銅鐸 弥生文化専門館で聴く、銅鐸研究最前線! | トップページ | 全国で最も新しい絵付き銅鐸片が出土、高松市天満・宮西遺跡 »

2016年3月28日 (月)

松帆銅鐸の復元品を巡回展示 淡路島の全小学校で

Photo


昨年4月に兵庫県南あわじ市で集中出土した弥生時代の青銅祭器「松帆銅鐸(どうたく)」の復元品が製作され、4月から淡路島内の小学校全44校で巡回展示が行われる。子どもたちに自由に触れてもらうほか、銅鐸を鳴らす棒状の「舌(ぜつ)」(振り子)も復元しており、古代の音色を楽しんでもらうこともできる。

神戸新聞 2016328

|

« 平成27年度弥生フェスティバル連続講演会 奇跡の発見!松帆銅鐸 弥生文化専門館で聴く、銅鐸研究最前線! | トップページ | 全国で最も新しい絵付き銅鐸片が出土、高松市天満・宮西遺跡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1000613/65648455

この記事へのトラックバック一覧です: 松帆銅鐸の復元品を巡回展示 淡路島の全小学校で:

« 平成27年度弥生フェスティバル連続講演会 奇跡の発見!松帆銅鐸 弥生文化専門館で聴く、銅鐸研究最前線! | トップページ | 全国で最も新しい絵付き銅鐸片が出土、高松市天満・宮西遺跡 »