« 高松市歴史資料館 特別陳列「天満・宮西遺跡出土の銅鐸-最も新しい絵画銅鐸」 | トップページ | 東アジアの古代文化を考える会・講演会「銅鐸からみた地域間交流」 »

2016年5月 5日 (木)

第76回銅鐸研究会「新発見 淡路島の松帆銅鐸」

003


第76回銅鐸研究会

日時/平成28年6月18日(土曜日)14時~16時

場所
銅鐸博物館(歴史民俗博物館)

お問い合わせ先
電話番号077-587-4410・ファックス番号077-587-4413

テーマ/「新発見 淡路島の松帆(まつほ)銅鐸」

講師/定松佳重さん(南あわじ市教育委員会)

当日受付・先着順、定員120名(要入館料、野洲市民は無料)

平成27年5月、淡路島で7個の銅鐸が発見され、大きな話題となりました。この銅鐸は、多数埋納で、内部に舌(振り子)を伴うなど、「銅鐸の謎」解明へ向けて注目を集めました。新発見の松帆銅鐸について、南あわじ市の調査担当者にお話しいただきます。

|

« 高松市歴史資料館 特別陳列「天満・宮西遺跡出土の銅鐸-最も新しい絵画銅鐸」 | トップページ | 東アジアの古代文化を考える会・講演会「銅鐸からみた地域間交流」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1000613/65320161

この記事へのトラックバック一覧です: 第76回銅鐸研究会「新発見 淡路島の松帆銅鐸」:

« 高松市歴史資料館 特別陳列「天満・宮西遺跡出土の銅鐸-最も新しい絵画銅鐸」 | トップページ | 東アジアの古代文化を考える会・講演会「銅鐸からみた地域間交流」 »