« 朝霞市博物館 第31回企画展「小さな銅鐸を追って~銅鐸形土製品と小銅鐸~」 | トップページ | 第77回銅鐸研究会「銅鐸の模倣-そこから見えてくること-」 »

2016年10月 8日 (土)

辰馬考古資料館 平成28年度秋季展「銅鐸の時代」

2016


昨年、淡路島で新たに7点発見された銅鐸について、当館所蔵品を題材に、改めて振り返ります。弥生時代と代表する考古遺物である銅鐸が、どのようにしてつくられ、使われ、姿を消していったのか、また、時代・地域・工人の違いによって何が変わるのか、研究の現状に則してかんがえます。

展覧会名称:秋季展「銅鐸の時代」

期間
平成28年10月8日(土)~12月4日(日)
(開館は午前10時から午後4時30分。入館は午後4時まで。)

入館料
一般200円、敬老・大学生100円、高校生以下無料
(ただし、11月19日(土)・20日(日)は「関西文化の日」として無料で見学できます。) 

休館日
月曜日(祝日の場合は、翌日を休館日といたします)

講座
10月22(土)、11月27日(日)に学芸員による展示解説を行います。
10:30 / 15:00 の2回開催いたします。
事前申込みは不要です。時間までにご来館下さい。

講演会
日時:11月5日(土) 13:30~15:00
講師:難波 洋三氏(前奈良文化財研究所埋蔵文化財センター長) 「淡路の銅鐸」
会場:西宮市教育文化センター(西宮市川添町15-26)
※事前申込みは不要です。時間までにご来館下さい。

交通
辰馬考古資料館へは、阪神電車香櫨園駅より徒歩2分
JRさくら夙川駅より徒歩7分
阪急電車夙川駅より徒歩10分

公益財団法人 辰馬考古資料館
〒662-0962 兵庫県西宮市松下町 2-28
TEL&FAX 0798-34-0130

|

« 朝霞市博物館 第31回企画展「小さな銅鐸を追って~銅鐸形土製品と小銅鐸~」 | トップページ | 第77回銅鐸研究会「銅鐸の模倣-そこから見えてくること-」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 辰馬考古資料館 平成28年度秋季展「銅鐸の時代」:

« 朝霞市博物館 第31回企画展「小さな銅鐸を追って~銅鐸形土製品と小銅鐸~」 | トップページ | 第77回銅鐸研究会「銅鐸の模倣-そこから見えてくること-」 »