« 2017年7月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月 7日 (土)

宮内庁書陵部・三の丸尚蔵館 第78回展覧会「古代の造形-モノづくり日本の原点」

_


三の丸尚蔵館
第78回展覧会について
1. 展覧会名
古代の造形-モノづくり日本の原点

2. 会期
平成29年9月23日(土・祝)~12月10日(日)
前期:9月23日(土・祝)~10月29日(日)
後期:11月3日(金・祝)~12月10日(日)

休館日:
毎週月・金曜日,展示替の期間(10月30日~11月2日)
ただし,10月9日(月・祝),11月3日(金・祝)は開館し,10月10日(火)は休館します。

開館時間:
9月23日(土・祝)~10月29日(日)午前9時~午後4時15分 (入館は午後4時まで)
11月3日(金・祝)~12月10日(日)午前9時~午後3時45分 (入館は午後3時30分まで)

3. 概要
宮内庁には,歴代の天皇,皇后をはじめとする皇族方を葬る陵墓等を管理し,調査研究を行う書陵部陵墓課があります。ここでは仁徳天皇陵から出土した「女子頭部」や「馬形埴輪」をはじめとする優れた出土品を多く所蔵しています。その中には,独特の形をした「御物ぎょぶつ石器せっき」,美しい流水文様が洒落た「流水文銅鐸」,それまでの鏡に独創性を加えて当時の日本の家屋を立体的に表した「家屋文鏡」など,古代の様々な優れた造形表現を示す数々の作例が含まれており,これらは日本文化の基礎期を彩る重要な作品です。一方,昭和天皇まで御物として伝えられていた作品を引き継いだ三の丸尚蔵館には,学術的に貴重な資料と評価される「金銅製四鐶壺)」や類例がほとんど知られていない「金銅装横矧板鋲留衝角付冑」など,注目すべき優品があります。

本展では,こうした書陵部と三の丸尚蔵館が所蔵する考古資料のうち,それらが使用されていた頃の姿を留めた作例を中心に,主に石・土・金属などの素材や製作技法に注目して,その造形的な特徴に焦点をあてて紹介します。

美しい緑色の翡翠の勾まが玉たまや,南の海でとれる貝を使った腕輪の特徴を表現した不思議な形の鍬形石や車輪石などの「石の造形」,古代の大らかな精神性を感じさせる埴輪や,巧みな轆轤の技術を用いた須恵器すえきなどの「土の造形」,躍動する神獣や複雑な幾何学文様がほどこされた銅鏡や,金色のまばゆい輝きを放つ装身具などの「金属の造形」,それらのいずれもが,わが国の古代の人々の豊かな美意識と造形力を示しています。本展の出品作品にみられる素材と技術・技法が織りなす造形美を通じて,モノづくりの伝統を誇りとしてきた日本文化の古層に注目していただければ幸いです。

10月初めに友人のNさんに教えてもらった展示会…皇室に寄贈された石上銅鐸が展示されている。いずれも後期の大型の流水文銅鐸だが、1号は前期、盾と戈を持つ人物像が描かれた2号は後期に展示される。家屋文鏡の展示も後期らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

辰馬考古資料館 平成29年度秋季展「モノからみたマツリの風景」

2017


マツリ(祭祀・儀礼)をテーマに館蔵品を出品いたします。
9月まで開催しておりました夏季教室と同じ時代構成とすることで、生業とマツリとがそろって人々のくらしを成り立たせている点を

意識していただければと幸いです。

展覧会名称:秋季展 モノからみたマツリの風景

期間
平成29年10月7日(土)~12月3日(日)
(開館は午前10時から午後4時30分。入館は午後4時まで。)

入館料
大人200円、大学生100円、高校生以下無料
※ 11月18日(土)および19日(日)の2日間は「関西文化の日」として無料解放日といたします。

休館日
月曜日 (祝日の場合は翌日休館)

展示解説
会期中、以下の日程で学芸員による展示解説を行います(1時間程度)
10月22日(日)10時30分~/15時~ (2回実施)
11月25日(土)10時30分~/15時~ (2回実施)
※申し込み不要。時間までにご来館下さい。

交通
辰馬考古資料館へは、阪神電車香櫨園駅より徒歩2分
JRさくら夙川駅より徒歩7分
阪急電車夙川駅より徒歩10分

公益財団法人 辰馬考古資料館
〒662-0962 兵庫県西宮市松下町 2-28
TEL&FAX 0798-34-0130

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 6日 (金)

滋賀県立安土城考古博物館 開館25周年記念・平成29年秋季特別展「青銅の鐸と武器-近江の弥生時代とその周辺-」

__2


開館25周年記念・平成29年秋季特別展「青銅の鐸と武器-近江の弥生時代とその周辺-

開催期間:平成29年10月21日(土)~12月3日(日)

野洲市大岩山遺跡出土の銅鐸群は、近江の弥生時代を特徴づける重要な要素のひとつです。また、近年では高島市上御殿遺跡で特殊な形をした銅剣の鋳型が出土して、大きな話題を集めました。
本展では、これらの青銅器や鋳造関係遺物をはじめ、県内の主要な遺跡および同時代の近畿や東海地域の関連遺物を展示することにより、近江の弥生時代の特徴について明らかにします。

会場 企画展示室

入館料 大人890(680)円、高大生630(460)円、小中生410(310)円、
県内高齢者(65歳以上)450(340)円
※( )内は20名以上の団体料金です。

関連イベントのご案内

特別展記念講演会「青銅器の発達と近畿の弥生社会」
11月12日 (日)
講師:森岡秀人氏(関西大学大学院非常勤講師)
*当館セミナールーム 13時30分~15時(受付は13時~)
定員140名(当日先着順) 参加費500円

特別展関連博物館講座
11月23日(木・祝)第1回「弥生時代青銅器工人の系譜―銅鐸群と送風管―」
講師:清水邦彦氏(茨木市立文化財資料館)

12月 3日(日)第2回「稲部遺跡と近江の青銅器生産」
講師:戸塚洋輔氏(彦根市教育委員会)

*いずれも当館セミナールーム 13時30分~15時(受付は13時~)
定員140名(当日先着順) 参加費200円

体験博物館「銅鐸博士になろう」
11月11日 (土)・12月2日 (土)
*各日 ①13時30分~・②15時~

各回定員15名(申し込み先着順) 参加費200円
電話( 0748-46-2424 )にて要申込
(※11月11日 (土)分予約は10月11日(水)より、
12月2日 (土)分予約は11月2日(木)より受付開始)

滋賀県立安土城考古博物館
〒521-1311 滋賀県近江八幡市安土町下豊浦6678
      TEL 0748-46-2424 FAX 0748-46-6140

| | コメント (0) | トラックバック (0)

兵庫県立考古博物館 開館10周年特別展「青銅の鐸と武器-弥生時代の交流-」

_


開館10周年特別展「青銅の鐸と武器-弥生時代の交流-

近年、南あわじ市で発見された銅鐸を基軸に、銅鐸や武器など弥生時代の青銅器製造から流通、使用と埋納のありかたを通して、弥生時代の交流に迫ります。
島根県荒神谷遺跡・加茂岩倉遺跡、兵庫県桜ヶ丘遺跡出土の国宝の銅鐸などをはじめ、国宝・重要文化財を含む約60点を展示します。

[主催]兵庫県立考古博物館
[共催]島根県立古代出雲歴史博物館 南あわじ市教育委員会

開催期間:2017年10月07日(土)~11月26日(日)

会場:当館特別展示室

時間:9:30~17:00(入場は16:30まで)

開催期間中の休館日
月曜日(祝休日の場合は翌平日)

観覧料金
大人500円(400円)、大学生400円(300円)、高校生以下無料
※( )内は20名以上の団体割引料金
※障害者手帳提示で本人は半額、介護者1名は無料
※満70歳以上の方は大人料金の半額

概要
◆展示解説◆
会期中の日曜日 13:30~14:00

◆講演会◆
場所:当館講堂
時間:13:30~15:00
(12:50会場)※混雑時は開場時間を早める場合があります。
料金:無料 定員:先着120名 当日受付

10月07日(土)
「松帆銅鐸の発見」 
定松 佳重(南あわじ市教育委員会課長補佐)
10月14日(土)
「出雲の青銅器-荒神谷遺跡・加茂岩倉遺跡を中心に」 
増田 浩太(島根県埋蔵文化財調査センター企画員)
10月21日(土)
「桜ヶ丘銅鐸・銅戈について」
山本 雅和(神戸市立博物館学芸係長)

◆開館10周年記念シンポジウム
「松帆銅鐸と淡路の青銅器をめぐって」
[日時]11/11(土)10:00~16:00
[料金]無料
※往復ハガキにて、事前申し込みが必要です。
詳細はこちら

◆イベント◆
●遺跡ウォーク「六甲山麓の青銅器出土地を巡る」
[日時]11/18(日)10:00~15:30 [定員]20名
[料金]200円
※9/18(月・祝)から受付 学習支援課(079-437-5564)まで 

●銅剣形ペーパーウェイトをつくろう!
[日時]11/25(日)10:00~15:30
[定員]16名 [料金]1000円
※9/26(火)から受付 学習支援課(079-437-5564)まで

兵庫県立考古博物館
〒675-0142 兵庫県加古郡播磨町大中1-1-1
TEL.079-437-5589

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 5日 (木)

第34回文化財資料館テーマ展「銅鐸をつくった人々-東奈良遺跡の工人集団-」

__2


第34回文化財資料館テーマ展「銅鐸をつくった人々-東奈良遺跡の工人集団-

開催場所・会場文化財資料館 開催日・期間平成29年9月30日(土曜日)~11月27日(月曜日)

東奈良遺跡から出土した鋳造関連遺物は、日本列島における弥生時代の青銅器鋳造を考えるうえで重要な資料です。
今回の展示では、東奈良遺跡の出土品に加え、近畿地域や東海地域の鋳造関連資料を展示することで、東奈良遺跡で銅鐸を製作していた工人集団とその動向にスポットをあてます。

講演会
10月14日(土曜日)午後2時~4時
「近畿地方の青銅器生産再考‐近年出土例を通して‐」
講師:三好孝一氏(公益財団法人大阪府文化財センター)

11月3日(金曜日・祝日)午後2時~4時
「製品からみた銅鐸工人集団」
講師:難波洋三氏(独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所客員研究員)

会場:文化財資料館2階研修室

学芸員講座
11月17日(金曜日)午後2時~4時
「送風管からみた銅鐸工人集団」
清水邦彦(文化財資料館)
会場:文化財資料館2階研修室

定員なし 申込み不要
ただし、講演会と学芸員講座はいずれも当日先着80人(午後1時開場)

会場・開館時間・休館日
文化財資料館2階展示室
開館時間 午前9時から午後5時
休館日 毎週火曜日
阪急南茨木駅または大阪モノレール南茨木駅下車
東へ300メートル

問い合わせ先
茨木市 教育委員会 教育総務部 社会教育振興課
茨城市立文化財資料館
〒567-0861
大阪府茨木市東奈良三丁目12番18号
電話:072-634-3433
ファックス:072-637-4745

友人Yさんから兵庫県考古博と滋賀県安土考古博の銅鐸展開催を教えてもらい、検索をかけてみたら、茨城市でも銅鐸展を開催していた…どうも銅鐸展は数年おきに集中して開催されることが多く、見学に行くのがタイヘン。

このテーマ展は先日見てきた。東奈良遺跡の銅鐸鋳造関連の展示が中心だが、数年前の特展に比べて、最近の研究成果が数多く発表されている。特に送風管の形状にも、摂津系と河内・大和系の鋳造工人の差異があるということや東海派銅鐸に東奈良(摂津系)の鋳造工人が関わっていることを鋳造関連遺物から推定しているなど、興味深かった。

清水さんの送風管の研究成果は、最近出た『日本考古学』に掲載されていた。
清水邦彦「弥生時代鋳造技術と工人集団―近畿地域出土送風管の検討を中心に」『日本考古学』44号,2017/10/19

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年11月 »