« 相生産業高校機械科-弥生中期最大級の銅鐸復元に成功 | トップページ | NHK総合 歴史秘話ヒストリア「まぼろしの王国 銅鐸から読み解くニッポンのあけぼの」 »

2019年2月 2日 (土)

松帆銅鐸イベント「『造る』展 ― product 最先端技術で作られた銅鐸 ―」

松帆銅鐸イベント「『造る』展 ― product 最先端技術で作られた銅鐸 ―」_


銅鐸ってどうやって造っているの?
松帆銅鐸の調査が進むにつれ、さまざまな事柄が判明してましたが、銅鐸がどこで造られたかは不明のままです。
そこで、今回の展示では、「銅鐸を造る」ことにスポットをあて、弥生時代の最先端技術を認識してみましょう!


会期
平成31年2月2日(土曜日)~平成31年4月7日(日曜日)


場所
南あわじ市滝川記念美術館 玉青館
南あわじ市松帆西路1137-1/電話番号:0799-36-2314


開館時間
9時~17時(入館受付は16時30分まで)


その他
・ギャラリートーク
平成31年2月9日(土曜日) 3月17日(日曜日)14:00~(1時間程度)
・ゲストギャラリートーク(和銅寛 小泉武寛氏)
平成31年2月24日(日曜日) 14:00~90分程度
淡路島古代フェスティバル
平成31年3月10日(日曜日)10:00~16:00
美菜恋来屋(南あわじ市八木養宜上1408)
淡路ファームパークイングランドの丘(南あわじ市八木養宜上1401)
ミニチュア鋳造体験
平成31年3月31日(日曜日)13:30~15:00~定員各部12名程度(事前申込制)
玉青館多目的室
松帆銅鐸1000円、古津路銅剣・六鈴鏡500円

|

« 相生産業高校機械科-弥生中期最大級の銅鐸復元に成功 | トップページ | NHK総合 歴史秘話ヒストリア「まぼろしの王国 銅鐸から読み解くニッポンのあけぼの」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 相生産業高校機械科-弥生中期最大級の銅鐸復元に成功 | トップページ | NHK総合 歴史秘話ヒストリア「まぼろしの王国 銅鐸から読み解くニッポンのあけぼの」 »