« 高松市石の民俗資料館 企画展「牟礼・庵治の弥生時代」 | トップページ | 兵庫県立考古博物館 春季特別展「弥生時代って知ってる?ー2,000年前のひょうごー」 »

2021年3月 8日 (月)

松帆銅鐸展示室企画展「国生み神話と矛」展

__20210423163301 松帆銅鐸展示室企画展「国生み神話と矛」展

淡路島は『古事記』の冒頭を飾る「国生みの島・淡路」として日本遺産に認定されています。国生み神話の中で、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)・伊弉冉尊(いざなみのみこと)が青海原を天沼矛でかき混ぜてできた島がおのころ島で、そこで最初に生んだ特別な島が淡路島です。今回の展示では「矛」にスポットをあてた展示を行います。展示する銅矛は淡路島で銅鐸や銅剣・銅戈を使った青銅祭祀が行われていた弥生時代に九州を中心とした地域で行われていた祭祀の道具です。国生み神話の時代の矛とは違いますが、矛が実際どのようなものであったかを感じてもらい、国生み神話の世界へと誘います。

開催期間:令和3年3月9日(火曜日)~7月25日(日曜日)

場所:南あわじ市滝川記念美術館玉青館2階

B_14141208 展示品:銅矛2点、松帆銅鐸2点、松帆銅鐸舌7点など85点
今回、展示する銅矛は、戦後まもなく福岡県の須玖(すぐ)岡本遺跡から出土した9本のうちの2本という。長さ約80センチ、幅約12センチ。九州北部で製造された銅矛の特徴として、刃の部分によく見ると、角度を変えながら研磨することでできる矢羽根状の模様がある。

滝川記念美術館「玉青館」
〒656-0314
南あわじ市松帆西路1137番地1
Tel:(0799)36-2314



|

« 高松市石の民俗資料館 企画展「牟礼・庵治の弥生時代」 | トップページ | 兵庫県立考古博物館 春季特別展「弥生時代って知ってる?ー2,000年前のひょうごー」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 高松市石の民俗資料館 企画展「牟礼・庵治の弥生時代」 | トップページ | 兵庫県立考古博物館 春季特別展「弥生時代って知ってる?ー2,000年前のひょうごー」 »