« 兵庫県立考古博物館 春季特別展「弥生時代って知ってる?ー2,000年前のひょうごー」 | トップページ | 辰馬考古資料館 令和3年度秋季展「石棒と銅鐸-縄文・弥生の祈りと祭り-」 »

2021年10月 5日 (火)

兵庫県南あわじ市滝玉青館・松帆銅鐸展示室特別展「弥生のいのり展-兵庫五国の銅鐸1」

_1 兵庫県南あわじ市滝川記念美術館 玉青館・松帆銅鐸展示室特別展「弥生のいのり展-兵庫五国の銅鐸1」

2021年10月6日(水)から11月28日(日)まで、兵庫県南あわじ市にある滝川記念美術館玉青館で、松帆銅鐸展示室特別展「弥生のいのり展 兵庫五国の銅鐸1」が開催されます。

開館30周年を記念して、松帆銅鐸特別展を前期と後期に分けて 開催しています。後期展は「弥生のいのり展-兵庫五国の銅鐸1」となります。銅鐸文化の中心地で貴重な展示品が登場します。

兵庫県は、弥生時代に人々が願いを込めて祈りを捧げた銅鐸の出土数が全国一多い県です。淡路島の松帆銅鐸を含めて72点の銅鐸が確認されています。銅鐸文化の中心地で貴重な展示品が登場します。

今後は、兵庫県をPRするために「兵庫五国の銅鐸」とシリーズ化して展示紹介されます。

弥生のいのり展の展示品は、松帆銅鐸4点、舌7本、望塚銅鐸1点、野々間銅鐸2点、久田谷銅鐸1点、淡路島出土銅鐸(レプリカ)1点、市内出土品など約50点、パネルなどとなります。

南あわじ市での出土品では、2015年4月に松帆地区で約2200年前の弥生時代の松帆銅鐸をはじめ、銅剣、銅鏡、貨泉など淡路島で発見された青銅器(ブロンズ製)の文化財約70点があります。

松帆銅鐸では、7点のうち最も古い菱環鈕(りょうかんちゅう)式の1点と銅鐸につるして音を鳴らすための棒とされる舌(ぜつ)の4点の実物を展示しています。

他にも、賀集地区の嫁ケ渕遺跡から出土した青銅付木製品、南あわじ市榎列の幡多遺跡から出土した銅戈(どうか)、1965年に南あわじ市松帆で14本発見された古津路銅剣などがあります。

開催期間:2021年10月6日(水)~11月28日(日)
開催場所:南あわじ市滝川記念美術館玉青館
展示品
松帆銅鐸4点・舌7本、望塚銅鐸1点、野々間銅鐸2点・久田谷銅鐸1点、淡路島出土銅鐸(レプリカ)1点、そのほか市内出土品等約50点、パネルなど

住所:〒656-0314 南あわじ市松帆西路1137-1
電話:0799-36-2314
営業時間:9:00~17:00(最終受付16:30)
休館日:毎週月曜日(祝日の場合、翌平日が休館)
入館料:大人500円、高校生大学生300円、小学生中学生150円

|

« 兵庫県立考古博物館 春季特別展「弥生時代って知ってる?ー2,000年前のひょうごー」 | トップページ | 辰馬考古資料館 令和3年度秋季展「石棒と銅鐸-縄文・弥生の祈りと祭り-」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 兵庫県立考古博物館 春季特別展「弥生時代って知ってる?ー2,000年前のひょうごー」 | トップページ | 辰馬考古資料館 令和3年度秋季展「石棒と銅鐸-縄文・弥生の祈りと祭り-」 »