« 2022年8月 | トップページ | 2022年10月 »

2022年9月

2022年9月17日 (土)

新宿歴史博物館 令和4年度特別展 「新宿の弥生時代-教科書の弥生時代と比べてみると-」

C 新宿歴史博物館 令和4年度特別展 「新宿の弥生時代-教科書の弥生時代と比べてみると-」

「弥生時代」と聞いて、どのようなイメージを思い浮かべますか?
水田が広がる農村風景? 中国の歴史書(『後漢書』東夷伝、『三国志』の「魏志」倭人伝など)に「倭国大乱」と書かれているような戦乱の世?女王卑弥呼が治めた邪馬台国?

教科書で描かれている弥生時代像は、中国の文献に書かれた日本に関するわずかな情報と、全国で発見される遺跡や出土品などから生み出されています。米作りに使用した農具や、銅鐸(どうたく)や銅矛(どうほこ)などの青銅製の祭器、ガラス玉などの装飾品・・・・まだまだ謎も多く、ロマンに満ちています。

それでは、弥生時代の新宿はどのような社会だったのでしょうか。
区内では、高田馬場三丁目遺跡で平成3年(1991)に小銅鐸が発見され、都内で最初の出土例として注目されました。(現在では八王子市と調布市でも出土し計3例になりました)
小銅鐸の多くは銅鐸を模したものと考えられていますが、銅鐸は全国で約500点確認されているのに対し、小銅鐸は60点ほどしか見つかっていません。一体どのように使われていたのでしょうか。関東近県の小銅鐸を集めて展示しますので、是非一緒に考えてみてください。

その他、水田の有無や戦乱の痕跡、青銅器や鉄器の普及状況など、区内で発見された遺跡や、出土品から、新宿の弥生時代について考えます。

開催期間:9月17日(土)~12月4日(日)

時間:9:30~17:30(入館は17:00まで)

休館日:9月26日(月)・10月11日(火)、24日(月)、11月14日(月)・28日(月)

会場:新宿歴史博物館 地下1階企画展示室
〒160-0008
東京都新宿区四谷三栄町12-16
電話 03-3359-2131
FAX 03-3359-5036

料金:観覧料:一般300円(常設展とのセット券は500円)、団体割引(20名以上)150円、 中学生以下無料

お問い合わせ:
新宿区立新宿歴史博物館 03-3359-2131

| | コメント (0)

2022年9月14日 (水)

滝川記念美術館玉青館・松帆銅鐸秋季特別展「銅鐸への序曲-鈴から鐸へ-」

C_20230618003101 松帆銅鐸秋季特別展「銅鐸への序曲-鈴から鐸へ-」

日本で銅鐸が作られ始める以前に、古代中国や朝鮮半島で使われていた青銅楽器を紹介する特別展が、兵庫県南あわじ市松帆西路の滝川記念美術館「玉青館」で開かれている。銅鐸の源流とされるが、大きさや形状、祭器として用いていた日本とは使用方法が異なることなど違いを比べられる。

古代中国で、人や家畜に吊り下げて音を鳴らしていた鈴。これが弥生時代に朝鮮半島を経て日本へ伝わると、独自の発展を遂げて巨大化し、祭りの道具である銅鐸になりました。淡路島では、早い段階から祭事に銅鐸を取り入れたことが分かっています。
同特別展では、日本で銅鐸がつくられ出す以前の古代中国や朝鮮で使われていた鈴や鐃・鐘といった青銅楽器を紹介し、銅鐸の起源を探ります。開催は12月4日(日曜日)まで。松帆銅鐸全7点も公開中です。

開催期間:令和4年9月14日(水)~12月4日(日)
開館時間」9:00~17:00(入館受付は16:30まで)
休館日:月曜日、月曜日が祝日の場合は翌日休館
会場:南あわじ市滝川記念美術館 玉青館(南あわじ市松帆西路1137-1)
Tel:0799-36-2314

S_20230618003201 同時開催 山下光雄カリンバの森展(11/1~12/4)
日本で銅鐸が作られ始める以前の古代中国や朝鮮で使われていた青銅楽器の展示会の同時開催イベントとして「銅鐸カリンバの森展」が行われています。
カリンバとは、箱の上に並んだ金属棒を弾いて演奏するアフリカの楽器。本展示会では、同館1階多目的室が楽しく可愛い森に姿を変えて、奈良県在住のカリンバ作家・山下光雄さんがこの展示会のために制作した銅鐸形のカリンバ4点をはじめ、同氏がこれまでに制作した様々なデザインのカリンバ20点以上が展示されています。

銅鐸形カリンバの音色

| | コメント (0)

2022年9月10日 (土)

東奈良遺跡銅鐸鋳型発見50周年プレ事業シンポジウム「銅鐸から弥生時代社会を見直す」

Photo_20230112094201 東奈良遺跡銅鐸鋳型発見50周年プレ事業シンポジウム「銅鐸から弥生時代社会を見直す」

昭和48年(1973年)秋に、茨木市東奈良遺跡から銅鐸の鋳型が多数発掘されました。
鋳型は現在、国の重要文化財に指定され、茨木市の至宝として知られています。
明年、発見50周年を迎えるにあたって、斯界の権威が参集して、銅鐸の起源と展開、銅鐸の祭りなどの問題に焦点を当て、
あらためて東奈良鋳型の意義と評価について考えます。

開催場所:
茨木市立生涯学習センターきらめき きらめきホール
開催日:
令和4年(2022年)11月5日(土曜日)

9:00~開場(受付開始)

10:00 開会の辞
10:00 開会挨拶

10:05 報告1:春成秀爾(国立歴史民俗博物館名誉教授)
「東アジアのなかの銅鐸」

10:45 報告2:石川日出志(明治大学教授・日本古代学研究所長)
「銅鐸は九州で形成された」

11:25 報告3:常松幹雄(福岡市埋蔵文化財課主任文化財主事)
「九州の青銅器生産の始まりと展開」

12:05 休憩

13:05 報告4:吉田 広(愛媛大学ミュージアム教授)
「近畿における武器形青銅器生産」

13:45 報告5:清水邦彦(本市学芸員)
「近畿における銅鐸生産の技術系譜」

14:25 報告6:難波洋三(奈良文化財研究所客員研究員)
「東奈良における銅鐸生産とその後の動向」

15:05 休憩

15:20 討議:

[進行]中村俊介(朝日新聞編集委員)
[パネリスト]石川日出志・清水邦彦・常松幹雄・難波洋三・

春成秀爾・吉田広

17:00 閉会挨拶

定員:先着400人

申込み:09月10日(土曜日)~ 10月22日(土曜日)
午前9時からフォームにて受付開始
定員になり次第、締切とさせていただきます。

費用:無料

後援:
明治大学国際日本古代学研究クラスター
大阪府立弥生文化博物館

会場のご案内:
茨木市立生涯学習センターきらめき
茨木市畑田町1丁目43
・JR総持寺駅より西へ約1.1キロメートル
・JR茨木駅・阪急茨木市駅からバスで中央図書館前すぐ
(中河原南口・追手門学院前・サニータウン行きに乗車)

会場参加の方へのお願い
体調がすぐれない場合は参加をご遠慮ください。
マスクの着用、会場入口での手指消毒をお願いします。
接触確認アプリCOCOAの事前ダウンロード、当日の使用にご協力ください。

問い合わせ先:
茨木市 教育委員会 教育総務部 歴史文化財課
文化財資料館
〒567-0861
大阪府茨木市東奈良三丁目12番18号
電話:072-634-3433
ファックス:072-637-4745
E-mail:shiryokan@city.ibaraki.lg.jp

| | コメント (0)

« 2022年8月 | トップページ | 2022年10月 »